凄いこと
 計32ピッチのthe Dawn Wallを8日間かけて下から上まで登り切ったAdam Ondraを終始ビレーし続けたPavel Blažek(パヴェル・ブラジェク)のインタビュー。一日10時間ビレーした日もあるようです。素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた本人の声だけでなく、彼を脇から(下から?)見守り続けた彼の言葉を読むと、その登攀の模様がより多面的に見えてきます。
 例えば、壁にぶら下ったポーターレッジの上で交わされる会話。そのテーマには、パレスチナとイスラエルの関係、政治、Elon Musk(イーロン・マスク)の経歴ことなどにも及び、パヴェルはアダムの博学に驚いてもいます。
 このイーロン・マスクと言えば、映画、アニメの中では当たり前ですが、打ち上げたロケットを再び地球に直立姿勢で着地させるという超難しい技に初めて成功させたスペースX社の共同設立者および最高経営責任者。彼は大学生の頃、「人類の進歩に貢献する分野はインターネット、クリーン・エネルギー、宇宙だ」と考えていたそうです。
 クライミングが果たして人類の進歩に貢献するかはわかりませんが、少なくとも夢、感動を与えてくれる部分もあるとは、思います。さてパヴェルによれば、アダムは前日には落ちまくった最初の核心、第14ピッチ(5.14d)を一撃した後、次の核心第15ピッチ(5.14d)では一回目最後のムーブでフォール。時間も遅く翌日に再トライという選択肢もありながらも、先ずはヘッドランプの灯りを消し暗闇の中でポーターレッジに腰をかけ足を谷底広がる虚空にぶらつかせ1時間レスト。決意固いアダムは次のトライで見事RPしたそうです。その満天の星空を見上げながらのレストの時を素晴らしい一時だったとパヴェルは語っていますが、宇宙に夢見る人もいれば、その基本真っ暗な宇宙を背に無機質な岩の襞に必死にしがみつき登る人もいるわけです。なんか不思議な光景?
a0079878_19355280.jpg

 下はスペースX社のFalcon 9 Rocketが洋上のプラットフォームに着地成功した時のビデオ。クライミングをして(見て)感激しない人もいれば、これ見て感激しない人もいますが、大なり小なり、凄いことは凄い。
管理人2号


by manabuyuko | 2016-12-16 19:37 | クライミング
<< 雪山景色 間違い探し >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
4,5,6月のいろいろ
at 2017-06-03 22:42
結婚記念日
at 2017-05-27 12:44
GW、その後、いろいろ
at 2017-05-14 23:36
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
ボルダー⇒ルートはダメの巻
at 2017-02-27 11:24
「夢の重荷」
at 2017-02-06 19:07
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧