<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
京都日帰り、のち小川山 8月27日(土)・28日 (日)
a0079878_8354220.jpg 土曜日は所用があったので、車検の代車・ヴィッツで京都へ行った。いつもはマニュアル車に乗っているので、時々”ないクラッチ”を踏んでしまう。助手席のD-manは、カーナビで遊んでるし。でも小型車はなんといっても扱いやすくていいですね、寝れませんが・・・ってわけで、日帰り。
 もちろんただで帰って来るわけはありません。京都クラックスで登りました。D-manは1級を2本、2級を数本。よぼよぼもD-manと1級の課題に挑戦していましたが、クラックスでの勝負はD-manの勝ち。
 翌日曜日は、クジラ岩周辺へ。アルティメイトの翁軍団も来ていて、クジラ岩付近は”外・アルティ”という感じ。けど、数日前の雨のせいか、地面はしっとりしているし、岩もなんだか湿っぽい感じ。D-manもいろいろトライしていましたが、結局何も成果なし。よぼよぼは、京都での屈辱を晴らして”レフト・スパイヤー 1級”を落とす。やはり、元・スラバー。
 私・ぼよぼよは、クラックスでは3級が登れたのに、小川山では6級をヒーヒー、こわい~、と言いながら、やっとこさ登れた(はいずり登った の方が正しいかな)、という感じでした。あとで、2人に『うるさすぎ!!恥ずかしい。静かに登れ!』と叱られた。
 船長さんが、『ボルダーで落ちるより、ルートで落ちるほうが怖い』って言ってたけど、なんでぇ~????私は外岩ボルダーの方が怖くて怖くてしかたがないのですが。          
                        ぼよぼよ
by manabuyuko | 2005-08-28 23:32 | クライミング
『飛んで飛んで飛んで、回って回って…』 8月19日(金)~21日(日)  
a0079878_8381175.jpg 7月の下旬からスペインに行っていたので、久々のクライミング日記更新となります。スペインでのクライミングの様子・成果は、近日中にクライミング・ツアーのコーナーにアップ・ロード予定です。(クロニクルのコーナーに登ったルート、UPしてあります。)

 先週は帰国して荷を解いたと思ったら、全員時差ぼけの頭のまま、JOCジュニア・オリンピック参加のD-manを先頭に、富山は南砺市城端へ。富山は長野県の隣なのに山があるので大きく迂回して目的地まで4時間ちょっと。近くて遠いは山国日本の宿命か。
 第1日目、D-manはシードで予選免除だったので、観戦場所確保と見学。午後には激しい夕立があり先が思いやられる。壁のあるステージ上には一応屋根があるけど、新設された端っこの非可動壁はちょっとでも風が吹いたら吹き込む雨ですぐに濡れそう。いずれにしても観戦席の部分は雨ざらし。経験豊かな付き添いの皆さん、それぞれタープは張ってますが。
 第2日目、男子の準々決勝は午後から。参加選手は2つのグループに分かれて、AとBの2ルートのどちらか1本を登るという設定。D-man、遠いところを『飛んで、飛んで、飛んで』何とか最終ホールドまで迫る。しかし、最後の一っ飛びでホールドに指をかけるが、あえなくはじかれ墜落。でも、幸いにも翌日の準決勝に駒を進められる。もちろん雷雨あり。
 最終日。午後からの悪天が予想されるので、競技開始時間が早められる。D-manも、朝7時にはウォーミングアップ・エリアに入る。先ずは準決勝から。上部にある横長の逆サルの腰掛状ホールドをアンダーに使う最初の核心で一瞬やばい格好になったけどすぐに修正して無事通過。直後のランジはぶっ飛び。その後の左下に下るパートは最下部で深いフットホールドをギリギリで足が捉えられ、ホッ。あとは行け行け。最後の一っ飛びも今日はちゃんと最終ホールドを握られました。念願の決勝進出。
 さて決勝。先ほどから可動壁とその横の非可動壁の上部2ヶ所でルート作りが行われているのでなんかおかしいなあと思っていたら、見る見るうちに可動壁が傾き出しその先端が非可動壁とドッキング。長大なルートが出現。さてD-man、可動壁上部のルーフの部分ぐらいまでは行けるかなと待っていても、なかなか出てこない。オーダーは発表されていなかったけど、普通は「弱⇒強」の順。当然早めの登場のはず。しかし本部席の机の上のオーダー表を盗み見に行ったぼよぼよが目にしたのは、最後から2番目に書かれたD-manの名。実は事務上の手違いからD-manと京都CMのまっちゃんの2人が、本体ならトリの優勝候補第1のA間選手の後に回されていたのでした。この2人、さぞや登りにくかったことでしょう。事実、アイソレーション、ウエイティング・ルームで彼らは失礼にもA間選手に落ちろ光線を発し続けていたそうです。でも、そんな大根役者たち(まっちゃん、ゴメン)の呪詛などいっこうに効かない花形役者A間選手、唯ひとり非可動壁の部分に入って最終ホールド直前までせまって観客を沸かしに沸かせました。その興奮冷めやらない雰囲気の中、やっと登場したD-man、残念ながらすでにオーラがあまり出てませんでした。下部から中間部の前傾のパートは無難にこなし、上部ルーフに入る手前の右手横向きに使えるポケットで左手をシェーでもするように右上方のルーフの下にある下向きのインナーホールドに伸ばす最初の核心に到着。しかし、D-manにとって左足が下過ぎ対角線上の左手がどうしてもインナーに入らない。D-manの首が横に振られる。それでも何回か必死でスタティックに体を伸ばす。最後は、捨て身で飛んでインナーに手を入れるが下向きゆえに体を止められず、宙に舞う。無念。
 『飛んで、飛んで、飛んで』ここまで来られても、最後の一っ飛びは相手がつかめる代物ではなかったようです。でも、来年はきっと飛ばずにつかめる身長になっていることでしょう。昔の人は言いました、「若い時の苦労は、買ってでもせよ」と。(でもD-manの場合、遠征費を払うのは親だけど。まっ、いいか)
 あっと結果は一応、飛び級で参加したユースB(14才&15才)で、2位タイでした。本人はもうひとつ煮え切らない感じでしたけど。早く本当のトリの役者になって下さい。
                                よぼよぼ

 追記:この3日間で、スペインにいた3週間以上に黒くなりました。
by manabuyuko | 2005-08-21 23:36 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
梅干し
at 2017-08-23 20:03
主夫レパートリーが増え、主婦..
at 2017-08-01 20:56
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
4,5,6月のいろいろ
at 2017-06-03 22:42
結婚記念日
at 2017-05-27 12:44
GW、その後、いろいろ
at 2017-05-14 23:36
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧