<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
D-man、まさかの優勝!秋のコンペ・第2弾!
a0079878_826695.jpg 第2弾は栃木クライミングカップ2005。この大会に出るのも3回目になる。一昨年はジュニアクラス、去年はミドルクラスに参加したものの、毎回リーチ差に泣いたが、今年はがんばってエキスパートクラスに出場した(今さらミドルクラスに出るなんても言えないし…)。セッターはJOCジュニアオリンピックの今年のチャンピオン、世界ユースでも堂々3位のA間君。彼の作るルートを我が家で予想してみたんだけど、トラバースを何回かさせて上に下にと行くルートで、手順をしっかり考えておかないとだんだん腕が張って最後まで持たないという持久系のルートであろう・・・というもの。大当たりでした。決勝ルートがまさにそれ。とは言えども、実際に使うホールドがわかっているわけではないので、そこはD-manにがんばってもらうしかありません。
 まず予選ルートは11a/bというものだったので、ほぼ全員が完登し、14名が決勝に進出。決勝ルートはエキスパートもミドルもジュニアも同じルートを使用。ジュニアでは、ミドルクラスに出ていたとしても優勝できたほどの高度を稼いだY田Kすけ君の登りが光っていました。来年はミドルもしくはエキスパートに出てね。ユース決勝進出者6人は小学生ばかりでトップロープとは言いながらもエキスパート&ミドルの予選ルートに挑戦。4人が完登で同着1位。どうせなら、スーパーファイナル(同じルートをリードでトライ)もやってほしかったなぁ(1位の4人組は結託して『ヤラナイモ~ン』と駄々をこねた?らしいぞっ!R河君は本当はやりたかったよね?ね?ね?・・・こらっ、うんと言いなさい!)
 と、まあそんなわけで、エキスパートの決勝ルートは二面ある壁の右壁、一番右隅からスタートして左上。そして左壁中ほどの膨らんだ部分を超えたら右にトラバースして左壁の最上部右端まで。そこからは下り気味に右壁に戻り、そして右壁中央を直上。決勝が始まる前にA間君が試登するのを見てると、左壁最上部右端の『ここは絶対に使ってや~』とデカデカとチョークで印をつけたパターンのカチガバ?から下りながら右壁に移るあたりが一つの核心。その後も結構悪いホールドが続く。終了点の一つ手前がスローパー、その一つ手前があまい指先を使うインナーホールド、その手前が表面ツルツルで横一文字のポケットホールドという、最後で一気に力を吸われそうな代物。
 まず、埼玉の高校生T田君がほぼセッター通りの登りで終了点の一つ手前のスローパーを掴んだが、そこでフォール。D-manは、はじめはT田君と同じように『使ってや~』ホールドを使い、彼にはめずらしく暫しのレストをしていた。そして右壁に移ろうとするが、自分にとっては悪いムーブのようなので、いきなり左壁をパターンを使ってそのままクライムダウンし始めた。見ていた親二人、唖然!核心のクロスからの切り返しムーブも、右手を先へ先へと送ることによって無視。手順は多いものの、シェイクしながら、なんだかんだとその部分をクリア。おまけに最上部のツルツル一文字ポケットで最後のクリップ(ちょっと苦労していたので、親はハラハラ)も終わらせ、あまい指先インナーも何とかこらえ、スローパー、そして終了点へ!びっくりしたのは親二人だけでなく、びっくり+あせりのセッターA間君。私達の後ろをフラッと通りながら『やっば~』と一言。それもそのはず、D-manの後にはまだ優勝候補の強豪がひしめいている。D-manが登っちゃったちゅうことは、その後にも完登者が続出か!まずい!と思ってたよね~、A間君。けど、それは杞憂に終わったのでした。なんとS谷さんもF枝さんも『使ってや~』ホールドを使わず、いきなり右壁へ突入!それで力を使ってしまったのかどうかはわからないけど、最上部の一連の悪いホールドで力を吸われ突然のフォール。もう一人のT澤さんもやはり同じとこらへんでフォール。えっ?D-man、優勝?親もびっくりしたけどきっと本人が一番びっくり+うれしかったでしょうねぇ。
                         ぼよぼよ

追記:コンペの日を入れて23日からは3連休。先ず23日、韮崎のステップで登り込み。夜、その日仕事だったよぼよぼと中央東線韮崎駅で合流。一路、栃木へ。翌24日は、ちょっと塩原ボルダーで遊んで後は観光のはずが、河原に降り立ったころから雨。仕方がないから日光東照宮の方へ向うが、D-man「今日も登りたい」。あれっ、ちょっと前にはコンペの前日はゆっくりしていたいなんて言ってたのに。いい加減なやつ。でも子供が「登りたい」と言った時こそ登らせ時。東照宮観光をあきらめ、反転して小山市のロッククラフトへ。おかげで、また新しいジムと、そこに集う人をちょっと知ることもできました。で、コンペ当日はD-manにとってクライミング3日目。よく登れますな。『鉄は熱いうちに鍛えよ』&『~もおだてりゃ、木に登る』
by manabuyuko | 2005-09-25 23:19 | クライミング
秋のコンペシーズンに突入!
a0079878_8284260.jpg さて、秋といってもまだ暑いですが、9月19日、ついに秋のコンペシーズンに突入しました。これから2ヶ月あまり、あっちこっち出かけ、走行距離はうなぎ上りです。
まずオープニングは福井カップ2005。去年は決勝でリーチ不足に泣きましたが、今年は去年に比べて10㎝くらい背も伸びたことだし(といってもまだ151㎝ですが)まっ、がんばってもらいましょ。
 例によってよぼよぼは仕事なので、前日の夕方D-manと私2人が出発。北陸道の南条S.A.で車中泊。翌朝起きてみると、隣には『大阪・兵庫連合チーム』の車が止まっていて、S.A.の奥の草の中にはテントが・・・すっすごい!我が家もいろんなところで寝ますが(今までで一番変わったところでは、大阪は江坂の東急ハンズ裏の100円パーキング。居酒屋ビルの谷間で寝ました。結構静かでした。)S.A.テント泊する人々を私ははじめて見ました。負けた~。
 さて、会場に着き受け付けも済ませ、あとはコンペが始まるのを待つばかり。予選は割と細か系、11c/d位らしい。D-manはジュニアクラスに出場したんだけど、ルートは一般もジュニアも同じで、これはなかなかおもしろい。ジュニアの出場者は7人だったけどそのうちの4人はD-manも含めてJOCでも顔をあわせている面々。しかも大体同じくらいの成績なのでこれは見ごたえのあるコンペになるなぁ(反面、心配にもなるのですが)と思いました。まず予選はO田君、H場君、D-manの3人が完登し、T岩君も含めて4人が準決勝に進出。準決勝はこれまた細か系+テクニカル系という感じ、12cくらいということでO田君、H場君は上部ルーフを越えたあたりのちょっと遠いところでフォール。その部分、D-manは二人が普通に持っていたホールド(左手)をアンダーに持ち替え、その真下にあった左足と右足を入れ替えて左向きのバランスのよい格好になってクリア、最後は思いっ切りよく飛んで完登。そして決勝はO田君、H場君、D-manの3人の争いとなりました。決勝ルートはさすがに難しく、13a/b位に設定してあるとのこと。H場君、ルーフ抜け口まで。O田君、下部垂壁でフォール。そしてD-man、H場君のつかみ損ねたホールドをしっかり握り締めルーフ出口のガバ(実際はそんなにいいガバではなかったらしい)に飛んで保持したけど体が大きく振られてフォール。残念!しかしジュニア部門では優勝。その後に続く一般の部でも同じところで落ちた人が3人、その上も結構悪く、4~5手先くらいでフォールした人が4人、結局終了点タッチで優勝した京都のS木君だけが最上部の細かくて遠くてテクニカルな部分を味わうことができたのでした。さすがでした、S木君、いつもアイソレーションルームで4つ下のO田君と一緒に遊んでるって言ううわさだけど、その強さの秘訣は一体、何?
 さて優勝の賞品はFIVE TENのモカシムにカンプのハーネス、SAGA-HOLDキーホルダー、T-シャツ、ロープの袋と盛りだくさん、ありがとうございました、来年もきっと出ます。
 そして夕闇迫るなか高速を飛ばし、長浜将軍ラーメンというD-manご贔屓のラーメンを食べ、睡魔と闘いながら(駒ヶ根手前でついに負け、20分ほどP.A.で寝ました)10時に無事自宅に着きました。
 さて今度の週末は栃木だぞ~。               ぼよぼよ

 付き添いより一言・・・私はいつも撮影班なので、1日中座りっぱなしで結構疲れますが、いろいろな地方のいろいろな人たちと知り合いになれて話ができるのでなかなか楽しいですね。これからもドライバー兼マネージャー兼カメラマンという役目が続きそうですが、まあこれもこれでいいものです。実は家事から解放されるから?ばれたか、はっはっはっ!
by manabuyuko | 2005-09-19 23:27 | クライミング
短いから沢山登らないと。9月10日(土)&12日(月)
 日曜日はD-manの運動会だったので(こんなまだ暑い時期にやるのはここだけかと思っていたら、横浜の友人のところでは7月1日に終わっている・・と聞いてびっくり! 私が子供のころは大体体育の日前後だったけど。30年以上前の話ですが)、土曜と代休の月曜の2日間両日とも午後からSTEPに行った(午前中は木・金にある期末テストの勉強???してたかな~?)。
 お天気もよかったので貸しきり状態でおまけに暑い。土曜日は久しぶりのSTEPだったので11aくらいから徐々にグレードを上げていき、11c/d(ラベンダー)までトライして終わった。この11c/d、ルーフの抜け口がいまだに越えられない。もう身長がSTEPオーナーの春美さんと2cmしか変わらないからリーチのせいにはできないよね。月曜日は、少しグレードを上げ、11後半くらいからスタート。今までに何回かトライしてたけどやはりルーフ部分ができなかった『ピンク12a』がR.P.できた。ちょっとは腹筋の力がついたのかな?D-manのみぞおちあたりを見てみると、ケンタッキーフライドチキンの軟骨の両側に肉のついている三角形の部分に似ている。でもまだ全体的に幼児体型の名残があるような感じ。(こんなこと言うとまたD-manに怒られるかな) 
 …で2日間で30本(といっても1本が短い)くらい登って今週のトレーニング終了。ビレイで腕が筋肉痛のぼよぼよでした。
by manabuyuko | 2005-09-12 23:29 | クライミング
暑い! 9月3日(土)・4日(日)
 天気予報では日曜日は雨が降る・・・ってことだったので、おまけによぼよぼはいつもと同じく土曜日も仕事・・・で、昼から有給をとって、ピラニアに行った。隣の県とは言いながら、甲府は暑い!クーラーもきかせてあるのだがそれでも暑い、けど不思議にぬめらない。青課題はだいたい1撃できるけど、赤課題となると1撃できたのは1本のみ。でも何度かトライすると登れるようだった。この日のお宿は毎度お世話になる東京の兄宅。クーラーをつけて寝たんだけど暑くて寝られない・・・生まれは蒸し暑い京都なのに、もう今までの人生の半分以上を夏でも窓を閉めて寝られる長野県で暮らしてしまうとダメですね。寝不足のまま、Pump1に行く。9時開店なのに9時前に駐車場はほぼ一杯、何とか裏に停められたのでよかったけど、すごいなぁ~。
 さてD-manはというと初めはPump1のグレードに慣れず『辛すぎ!』と文句タラタラ。12aを片っ端からオンサイトトライしたけど、ことごとく撃沈。ブツブツ言いながらソファーに身を沈めたら、そのまま眠りの世界に入ってしまった。そこにK村Rieさん登場。『D-man、ロデジャールで8a登ったんだって、すごいね。』と言ってもらってD-manの方を見るとそこには降りしきる白いチョークの粉を顔につけ、ポカ~ンと口を開けたままで眠るD-manの姿が・・・Rieさん『あっ、・・☆?!*+?!』よかったね、よだれ垂らしてなくて。
 このまま帰るまで寝てしまいそうなD-manを叩き起こし、オンサイトを逃した12aのルートを1本R.P.して、あとは12bにトライし、11cのオンサイトで終了。帰りはすごい雨が降ったり止んだりしたけど途中でコンビニ弁当を食べて無事帰宅。
ぼよぼよ
by manabuyuko | 2005-09-04 23:30 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
誕生日パーティ
at 2017-10-14 22:44
梅干しを干す
at 2017-09-09 21:18
梅干し
at 2017-08-23 20:03
主夫レパートリーが増え、主婦..
at 2017-08-01 20:56
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
4,5,6月のいろいろ
at 2017-06-03 22:42
結婚記念日
at 2017-05-27 12:44
GW、その後、いろいろ
at 2017-05-14 23:36
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧