<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
年末年始備中ツアー④
 12月31日、この日はレスト。午前中は冬休みの宿題を少しやる。EPIガスがなくなったのでその代わりになるガスを捜してホームセンターをウロウロしたが、高梁市では見つからなく、総社のホームセンターで夏のキャンプ用品の残りという感じの埃まみれのガスをやっとゲット。この日は国民宿舎のお風呂に入ったが、混んでいて施設の大きさの割にはお風呂は狭くて今一だった。
by manabuyuko | 2005-12-31 23:35 | クライミング
年末年始備中ツアー③
 12月30日、アップ後、『発情期12a』のオンサイト・トライ。ヌンチャクも無いので自分でかけながらです。私なら「かけて~~」と絶対”よぼよぼ”に頼むけど、D-manもいちおう男(ごめん)!そんなことは言わない(言えないか)。下部核心部、リーチのいる男ムーブでは絶対に届かないと判断し、デッドポイント気味に飛んでその部分をクリア。見事オンサイト(D-manのムーブをまねようとした”よぼよぼ”ははまる)。で、その後、もう一度『ジークン道』にトライするものの、これはリーチ的に無理(実際は初登者のK住さんも小柄ですが)と判断し、次なるルートへ。次のターゲットは『林京13d』やはりこれも遠い部分があり、あきらめた。で、この日の最後に『門前払い13b/c』にトライ。このルートは遠い部分があると初めから聞いていたので手をつけなかったんだけど、意外や意外、遠い部分は違うムーブで抜けれるやないの~。結局手をつけた4本目の13のルートで初めて終了点まで自力で抜けることができた。それも一回目で。わからんもんですね。で、ターゲットは『門前払い』に決定。
by manabuyuko | 2005-12-30 23:34 | クライミング
年末年始備中ツアー②
 12月29日、クリスマスの大雪の時に14時間以上かけて横浜から来ていた”備中フリークエント・クライマー”のきん+あんちゃんにいろいろ情報を貰って、羽山に行く。羽山に着いたらなんと、ユース日本代表が3人もいる。わお!これはD-manもがんばらねば・・・。とりあえず、D-manにとっては初めての岩場なので、ウォーミングアップの後、手始めに『男の花道13b』にトライ・・・が出だしで敗退・・・。次は『ジークン道13b/c』にトライ。ジークン道・マスターにムーブを教えてもらったが、核心付近は使えるところが限られているル-ト。う~ん、どうかなぁ~で、この日は終了。
by manabuyuko | 2005-12-29 23:33 | クライミング
年末年始備中ツアー①
 12月28日、やっと休みになったD-manに冬休みの宿題を早業で半分くらい片付けさせ、お風呂に入り、夕食は残り野菜を全部ぶち込んだ味噌汁+卵焼きという、冷蔵庫の大掃除メニューで済ませ、夜7時駒ヶ根出発。途中、中国道に行くべきが名神に行ってしまった”よぼよぼ”のせい(最近、目がいっそう悪くなって標識が読めん)で時間と高速代を大幅にロスしたが、用瀬の駐車場に1時半頃に到着した。
by manabuyuko | 2005-12-28 23:31 | クライミング
いろいろな点で、もうちょっと…
a0079878_1046412.jpg
 3連休、近年稀に見る絶好のコンディションと言われる二子に行きたかったけど、寒さに打ち勝つだけの熱き攀魂に欠ける軟弱者約2名の視線に負け、再び城ヶ崎へ。それならば「シンデレラボーイ」R.P.の余勢を借りて、今度は「虎の穴」をゲットと勇んで海岸に降り立ったものの、結果は『やっぱり世の中、そんなに甘くない』でした。
 と言っても、本人の代わりに言い訳しておきますが、全く手ごたえがなかったわけではありません。取り付きのボルダー・ムーブ、右手一手が届かなかっただけです。右手(エッジ)⇒左手(カンテ)の手順を逆にして、左手(カンテ)から右手を取れなかったエッジに中継させて一気に飛ぶムーブを何回か試みたのですが、少々悪過ぎたようです。でも、ランジの後のガバから終了点まで、細かいホールドの連続する真の核心と言われるパートをはさんで、きちんと繋げて登ることができたので、まあ今回はそれで良しとしましょう。
 でも、ここで反省点をひとつ、ふたつ。サーティ~ンを登れるようになって来ても、簡単なルートをなめるな!!! 特に最後の11cのフォールは、完全にルートをなめ切っていたとしか思われん。「こんなもんじゃろ」という思惑が見事にはずれて動揺し出した後のフォールが丸見え。情けない!!。また、その前の12aのオンサイト・トライ失敗も、もったいなかったナ。クライミング3日目のほぼ最後、それも「虎の穴」を散々トライした後に...。特定のルートのレッド・ポイント・トライばかりしていた直後のオンサイト・トライ。頭では行けると思っていても、体の切り替えができていないというのが、やはり見て取れました。難易度を問わず、あるルートの取り付きに立った時、一回限りの真剣勝負のつもりでロープを結ぶべし。
 身体的な能力の伸び盛りのジュニア、確かに登れば登るほど、どんどん登れるようになるはず。でもそれだけでは、片手落ち。精神的に熟してこそ、真のクライマー、檜舞台に立てるのでしょう。
 ン?『理窟をこねられても、結局は登れなかったらクライマーじゃない』だと。じゃあ、早く登れ。そんなことしとらんと。
                                    よぼよぼ
by manabuyuko | 2005-12-25 23:47 | クライミング
御岳・こおったソフトクリーム
a0079878_1050879.jpg 翌朝、まず一番に有名な"忍者返しの岩"に行くものの、寒くて冷たくて、先ず私が『一、抜~けた』ホカロンを体中に貼りまくり、見物人+マット動かし人になりきりました。よぼよぼも初めはちょっとだけ登ってたけど、もうここにはいられないと判断し、3人揃って対岸の太陽がサンサンと照っている方へ移動・・・したけど、風は吹くし、砂埃は舞うし、でまあ太陽があるだけましというだけ。とは言ってもせっかく来たんだから、先ずはつり橋を渡ったところで売っていたあんこ入りお饅頭を食べてから、"とけたソフトクリーム"のトラバース・初段というのにトライすることに決定。初めは出だしでポテポテ落ちてたけど、何回かやってるうちに体重移動の仕方がわかったようで、中間部まで行けてしまって、けどその先のことは全然考えてなかったので惜しくもフォール。先にいた人にいろいろ教えてもらって、大体ムーブはわかったらしく、ちょっと休んで再びトライ。中間部までは必ず行けるようになったけど、その先のちょっと遠めのところで落ちてしまう。でもこれは登れそうという感じがしたようで、その後何回かのトライで岩の頂点へ。D-man、外のボルダーでの初めての初段、かなりうれしかったようでした。
 この寒い中、裸族のクライマーよりもっとクレイジーな人達がいました。カヌーをやってる人達です。スゴイ!岸に上がってきた人の水に濡れた髪、凍っているんですよ~負けました~。
 で、帰りは青梅街道を西に進み、奥多摩湖から山梨県へ。途中の柳沢峠では午後5時でマイナス9度でした。これからますます寒くなるけど、これからどこに行けばよいのでしょうか。
                                     ぼよぼよ
by manabuyuko | 2005-12-18 23:48 | クライミング
加須
 埼玉のK介君が『17日は加須のクライミングディだよ。』と知らせてくれたので、コンペ以外で初めて加須の壁を登りに行ってきました。外はポカポカしているのに体育館の中は冷蔵庫のよう。付き添いの親2人もじっとしていると寒いだけなので、結構登りました。そのうち小・中・高校生クライマーがたくさん集まってきて、みんな心の中では火花を散らして登っていたようです。やはり周りに同じくらいの年代のライバルがたくさんいた方が刺激になっていいですね。みんな溌剌としていて、見てる方も楽しい。
 この日は加須でお風呂に入り、恒例の加須うどんを食べ、Wで体を温めてから翌日の目的地、奥多摩方面に向かったのでした。この日の夜は全国的に寒かったらしく、毛布+シュラフ+薄手の羽毛布団+カバーの4枚重ねでもポカポカというところまではいきませんでした。風も強くて、車の天井に夜中、木の枝やら松ぼっくりのようなものが当たって、うるさかったです。
by manabuyuko | 2005-12-17 23:47 | クライミング
シンデレラボーイ 12月10日(土)~11日(日)
a0079878_10572530.jpg そろそろ信州では雪も降り出してきたので、暖かい伊豆へ行くことにした。いつものように金曜日の夜に出発。行きは甲府から御坂トンネル→御殿場→沼津→城ヶ崎というルートで、帰りは城ヶ崎→沼津→富士→朝霧高原→甲府というルートで戻ってきた。どちらも時間的には同じなので、雪がなければ帰りのルートのほうが高速代が安いのでいいでしょう。
 D-manにとって、ここ城ヶ崎は初めての岩場ではないんだけど・・・籠に入っていた赤ちゃんの時とたぶん小学校の低学年の時に来てはいるのだが・・・。まあまともに登れるようになってからは今回が初めて。波の音が怖いって、前は言ってたんだけど、さすがに中学生ともなるとそんなことは言いませんでした。(言えないか。)
 1日目、お目当てのシンデレラボーイのムーブを解決し後はつなげるだけ状態にする。といっても、ムーブは一目瞭然。このルート、つなげることがたいへんなんです。・・・なので、いつ登れるかは全くわからず。そして2日目。この日は昨日とは違いどんよりとした曇り空で岩も冷たい。でも風がなくて落ち着いてトライできそうな気配。順番待ちもないし、太陽は出ていなくても震えるほどの寒さではない。
 さてD-manはこのルート、2本目のヌンチャクにクリップした後、そのまま突撃していくのだが、この日同じルートにトライしていた男性のHおかさん(?ヌンチャクの持ち主?・・なら、ありがとうございました。)や女性のHなみさんは2本目にクリップすると少し戻って必ず休んでいた。私もD-manに『戻って休め!』の指示を出したんだけど、『うるさいなぁ!戻れないも~ん!!』と一蹴されたけど、R.P.した時のトライでは、『あっ、戻れちゃった~』とか言って、ちゃあんと休んでたんだよね~。もう1箇所、これはよぼよぼの指示だったんだけど、核心のクロスムーブに入っていく手前で、『足を下に付けたままで休め!』というのもありました。この指示にも『足、付かないも~ん』と言ってたのに、もちろん登れた時は、足、付いていました。きっと足が急に伸びたんでしょうねぇ。(人生の先輩の意見にも少しは耳を傾けてやぁ)そして核心のクロスムーブをこなし、次に右手のスローパーをとった時に(ここが本当の核心か?)足がブラ~ンと離れてしまったけど、大勢の人のガンバコールで持ち直し、後はイケイケでR.P.。週末2日間4回目のトライでした。
 そうなんだよ、D-man、"ごちゃごちゃ言わずに"登ればええんや~!(最近、日本語バイリンガル状態です)
 帰りは沼津港に寄り道して、M達さんご推薦の『丸天』で新鮮な海の魚を食べて帰宅。2日間家を空けておいたので家の中はまるで冷蔵庫。サムイ、サムイ、サムイ・・・伊豆は天国でした。
                                    ぼよぼよ
by manabuyuko | 2005-12-11 23:52 | クライミング
年に1~2回の、家にいた貴重な日曜日?そしたら冬が来た! 12月3日(土)~4日(日)
 土曜日は天気も良さそうなので、またまたアルティメイト軍団・チームぎへいじと現地集合で幕岩へ行った。午前中は日当たり良好で暖かかったが、午後からは信州の雪山の方から吹いてくる風がでてきて寒くなってきた。そろそろここも終わりかな?(その通り、翌日曜日は雪が積もったそうな。我家は行きませんでしたが。)
 D-man、奥のほうのエリアにあるプロジェクトに手を出す。幕岩にはないルーフ状のルートだが、短いのが難点。1回トライして手ごたえありと思ったのか、もう1度やってみたが、ルーフの出口のクリップがどうしてもできずにこのルートからは手を引いた。
 その後はぎへいじさんがこの日R.P.した『みこすり半劇場12c』をやってみた。出だしの部分に1箇所遠いところがあってそこが解決できなかった。そのあとはなんとかつながるのだが・・・。このルート、ここ幕岩を卒業した(全ルート登ってしまったという意味)M村さんも一番てこずったルートだというから、かなり難しいようです。ぎへいじさん曰く、『ムーブの組み立てが難しい・・・』とのこと。また春にでもやってみましょう。さてさて他のメンバーの成果はというと、番頭さんがオンリーワン11d/12aを2撃!ますます強くなったなぁ~と思います。登る柔道家さんもちょっとしたハプニングがあって、R.P.こそできなかったけど、ぎへいじ師匠にしごかれていましたね。それに引き換え私はというとジューンブライド11bでテンションの山。ますます下手になってきてます。昔はオンサイトしたのになぁ~と過去を懐かしむバアちゃん(注)になりつつあります。D-manもこのルート、昔は(といってもほんの1年ちょっと前の話ですが)苦労したのに、今日は自分でヌンチャクをかけながら軽く登ってしまったのに。あ~悔しいとは思うのですが、体がいうことを聞いてくれないので仕方ないですか・・・。めざせ!フォーティーン・ビレイヤー!
 とまあ、この日はこんなもんで終わって、いつもなら翌日もどこかに行こうとぎへいじさん達と翌日の話をするのですが、なんと日曜日はD-manが、『月曜からテストだから勉強する!』と宣言。・・・というわけで、1年のうちで日曜日に家にいることはほんと1~2回で、その1回がこの日曜日。けど、中学1年生の『勉強』って、いったい何?やり始めるまでに何度も『そろそろ、しいや』を私に連発させておいて、やっとやり始めたと思ったら、数10分で『あ~疲れた~』結局まあまあやったのは午前中くらいのもの。次回からは、たとえ月曜日からテストでも日曜日も半日は外に出ることに決定。本人も同意。この日もどうせ勉強やらんのならうちのボードを使って体育の授業ってことで、久しぶりに6畳間のボードで100手課題を作ってやってみたようだけど、ポテポテ落ちてたようです。何事においても『ローマは1日にして成らず』ですね。
 そうそうこの日は町の中にも雪が積もりました。洗濯物は干したとたんに凍って固まります。寒い!(この日の写真はD-manのBlogを見て下さい)
                             よぼよぼ

(注)「バアちゃん」が登れないとは言い切れません。りっぱにその年齢域に達しながらもサーティーンを登っている方もおられます。初心にもどってコツコツやりましょう。
                             ぼよぼよ
by manabuyuko | 2005-12-04 23:58 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
ボルダー⇒ルートはダメの巻
at 2017-02-27 11:24
「夢の重荷」
at 2017-02-06 19:07
白く輝く山
at 2017-01-18 22:02
晴れた朝の楽しみ
at 2017-01-18 11:16
もはや私には
at 2017-01-11 13:48
2017年1月1日
at 2017-01-02 11:54
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧