<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
再び岡山、その2
a0079878_8345997.jpg 翌日もニューエリアへ。この日は朝から日がさして暖かい。『ただのアプローチ』の上に続く『美しくカンテ 12b/c』にトライ。一回目で上部核心までスルスルと行ったけど、核心部分がどうにも解決できずに下りてくる。同じルートをトライしていた人達にもいろいろムーブを教えてもらうが、2回目もできずに今回はこのルートはやめ。ボルトを足下にし、グーッと立ちこんでいくムーブが恐怖心とも相成って、おまけにホールドがちょっと遠めのようで、なかなか決心がつかない…という感じでした。で、次には『水の泡 12a/b』をやってみたけど、途中で嵌ってしまい、これもOUT!今日も1本くらいは登って帰ろうよ、ということで最後に『親の心子知らず 12a』という我家にピッタシのネーミングのルートをやってみたら、O.S.こそできなかったけど、第2核心と言われているクリップも軽くこなせて終了点へ。これも2回目でR.P.。ここの岩は全体的に白っぽくて、下から見ていてもなかなかホールドがわかりにくいから見ない、というのがD-manの理屈。で、O.S.はしにくいということでした。…とは言いながらもルートをよく見るのと見ないとでは雲泥の差があると思いますが、ねぇ。もうちょっとくらい見といた方がいいと思うけど…。
 ちなみにはるか昔の発表当時、用瀬小屋の手書きのトポでは、『ただのアプローチ 10d』が10a、『美しくカンテ 12b/c』が12aだったんですよねぇ~。これがよく言われる"岡山グレード"って言うやつだったんでしょうか…。
                              よぼよぼ
by manabuyuko | 2006-01-29 08:33 | クライミング
再び岡山、その1
 金曜日、いつもの宿題3日分+夕食+お風呂のセットを手早く済ませて、7時半駒ヶ根出発。今晩は賀陽インター手前の総社P.A.でお泊り。ここに着いたのが12時半だから、高速の部分だけだと5時間で備中近くまで来ることが出来る計算。(とーちゃん、メチャメチャ飛ばしてたけど。)
 1日目は、もう新しくはないけど『ニューエリア』という名前のエリアへ。天気予報では、週末は2日間とも晴れとしか言ってなくてポカポカのはずが、この日は曇り空で風も冷たく、日がさしたのも一時だけ。けど、何と言っても岡山、信州に比べたら、寒いとはいいながらも外にずっといられて、スノーブーツも履かなくていいし、全く違います。以前、真冬にも鳳来に行っていた時は、テントを持って行き、その中でお汁粉を作って暖まっていたほどだったんだから、贅沢は言えません。
さて、このエリアは初めてだったので、アプローチで一緒になったS田さんにいろいろ教えてもらい、とりあえずはウォーミングアップに『ただのアプローチ 10d』を登る。11くらいの気持ちで登った方がいいよ、と言われたとおり、結構シビアな10dだったようでした(D-manは、最後の部分を直上したけど、右から回った方が楽だということを後で教えてもらった)。その後は『時間よ止まれ 12a』にトライしたけど惜しくもO.S.ならず。しかし上部のムーブの組み立てに時間がかかったものの、2回目でR.P.。
by manabuyuko | 2006-01-28 23:32 | クライミング
東海ジムツアー②
a0079878_8392577.jpg 翌・日曜日は2ヶ月ぶりのスクエアへ。新しいルート、できてるかなぁ~?と思って行ったけど、残念ながらあまり増えていませんでした。11台のルートは増えてたけど、12台があまり増えてなく、看板である正面のルーフのある壁のルートは2ヶ月前とあまり替わってませんでした。しかたないので12台は前にやったルートをまた登ることにし、最後に新しい11台のルートを続けてドーっと登って終了。まあ15本登ったのでいいでしょうか。たしかにあの長い壁のルートを作るのは大変でしょうけど、もう少し、新しいルートが欲しいなぁ。Pumpだと2ヶ月あけば、かなりのルートが新しくなっているし。まあスタッフの人数が全く違うということもあるけど…。けど、ここはホールドが密集していないので登りやすいっていうのと、だいたい色分けでルートが作ってあるのでテープ印を捜さなくてもいいっていう利点もありますが。(Pumpだと印を捜すのに疲れる。特に私たち年寄りは。)…が、ホールドも汚れてくると、何色かわからなくなってくるものもあります。
 この日の帰りはいつもの鰻屋さんで散財。お昼を少なめにした3人、あっという間に平らげてしまいました。私はD-manに3分の1くらい取られてしまったけど、まあダイエットに協力してくれていると思って許してやりましょうか。
                      ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-01-22 23:37 | クライミング
東海ジムツアー①
 土曜日は昼から弁当持参で車に乗り込み、高速で名古屋BIG ROCKへ。ここは我家から1時間40分位で行ける、実は近いジムの一つです。この日は名古屋あたりにまた雪が降るという予報が出ていたせいか、ジムの中はたくさんの人で賑わってました。この日のD-manは、ボルダーに専念。ちっこいのにメチャウマ・13をボンボン登っている新妻Akiちゃん、2年前のNorth Face CupでD-manが完敗した三重県の小学6年生のK太君の3人でセッションのごとく登りまくっていました。Akiちゃんの身長が低いせいか、割とリーチのない人間でも出来るおもしろくて難しい課題がたくさんある『チビーズ』には貴重なジムでしょう。(もちろん、だんな様でもある、INGA・B-SESSIONの優勝者・S兵さんの要リーチ課題もあります。)親2人はボルダーもちょっとやったけど、後半はリード壁で遊んでました。夕方、近くの銭湯に入って、コンビニ弁当を食べて、東名・浜名湖S.A.にて車中泊。
by manabuyuko | 2006-01-21 23:36 | クライミング
INGAカップ、その2
 さて翌日ももちろんパンプで登りました。12aを3本と、12b(オレンジ・バー)を1本O.S.。もう1本、12b(緑↑)もオンサイトトライしたけど、終了点2~3手手前の左にトラバースし始めたところで力切れ。この日の最後にももう1度やってみたけど、終了点タッチで惜しくもR.P.ならず。残念!
 さてさて年寄り2人がまだ登っているのに、さっさと着替えて帰る用意をしているD-man君、昨日登れなかったボルダー課題、やってみたかなぁ~?
                                      ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-01-15 23:42 | クライミング
INGAカップ、その1
 B-SESSIONの第3戦となるINGAカップに出場する為(もちろん、D-manはミドルクラスです。)大阪パンプへ。まずは前夜にじじ・ばばの家に行き、新年の挨拶をし、その後はもちろんお年玉GET! で、翌朝は7時に京都を出発し、大阪へ。じじ・ばばの家にいたのはたった10時間。鯖寿司食べさせてもらって、お風呂入らせてもらって、泊めてもらって、お年玉までもらって、…で、10時間。じーちゃん、ばーちゃん、ごめんね~。でもお風呂掃除しといたから。

 京都から1時間ちょいでパンプ大阪店のある出来島に到着。で、10時前に競技開始。この日は暖かくて見学人も楽でした。
 結果はというと、予選12課題中、完登数・6、K点数・8で決勝には出られませんでした。6番の課題でゴールにタッチしたところで落ちてしまったのがなんとも悔しかったですね。あれが登れてたら、決勝に出られたのですが…。しかし決勝課題、2つともかなり難しかったみたいです。1つ目なんかはもう出だしあたりから体が振られてしまうような課題だし、2つ目も完登者なし。もし決勝に出られていたとしてもけっこう厳しかったと思います。まあ去年は42人中37位だったけど、今年は45人中9位だったのでよしとしておきましょう。親2人は『まあ、真ん中あたりかな?』って思ってたので。この日のトピックスは、何と言っても最後のジャンケン大会。なんとこの親2人組が2人揃って勝って、賞品を2つ貰いました。T-シャツやらロープバッグやら、いろんなものがたくさん入ってましたよ。このジャンケン大会、選手以外でも参加できるのって、こことクラックスのコンペくらいじゃないかな?いいですね、これって。付き添いって結構大変なんですけど、それを労ってくれるとこなんかほんと、客の心をしっかり掴む大阪商人魂がこんなところにも出る?選手本人よりもその他の2人でガッチリ稼がせてもらいました。
by manabuyuko | 2006-01-14 23:40 | クライミング
晴れの国、岡山へ その3
 そして翌朝、最終日。『どうする?他のエリア行く?』と恐る恐る聞いたら、『いや、門前払い。』というきっぱりとした返事。まあ、いいか。やる気満々というよりは、なげやりっぽくも見えたけど。岩場に着いたらまず備前玉を熱くしておいて…。1回目は軽い気持ちで『ムーブの確認に行ってくるから、テンションかけるよ。』なんて言っておきながらもあれよあれよという間に上部の核心へ。本人もこんなにスルスルとここまで来る予定ではなかったのでちょっとあせってしまい、フォール。でもこのトライで、もしかして今日登れるかも、という気持ちがこっちにも伝わってきました。で2回目、変に力が入ってしまったのか、ひょんなところでまたもやフォール。やっぱり、ダメかなぁ~う~ん…(溜息)まあちょっと休みましょう。暖かいうどんを食べて、車に戻ってしばしの休憩。D-manが休んでいる間、N原君が『林京 13d』をR.P.。若者の熱い登りを見て『俺ももう一花咲かせるぞ』とばかり、"よぼよぼ"が『男の花道 13c』にトライ。本人のコメントによりますと、『何十回かやったら、登れる。』との事でした。そうこうしているうちに寝起き顔のD-man登場。『やるから。』と一言。そして最終日、最後のトライ、見事登ってくれました。あ~よかったね~、おめでとう!後でD-manに『お母さん、喜びすぎ!恥ずかしい!子供じゃあるまいし。』(???)というコメントを貰いました。けどやっぱり嬉しいものは嬉しいですよね。
                                  ぼよぼよ
a0079878_854670.jpg

by manabuyuko | 2006-01-09 23:52 | クライミング
晴れの国、岡山へ その2
 2日目も結局登れずちょっと凹む。気持ちもかなり落ち込んでいる様子。やっぱり、このルートは難しいかな、最終日の明日は暖かい他のエリアで登ろうか、なんて思いながらちょっと早めに岩場を後にし、奮発して1人1400円のお風呂(ゆ・ら・ら)に行った。そこでご飯を食べたりテレビを見たりして夜を過ごしたのが、結局気分転換になったようでした。…でそこの売店で『備前玉』という名前のちょうどアボガドの種くらいの大きさの備前焼の玉を発見。本来はご飯を炊く時に炊飯器に入れたり、お風呂に入れたりするもののようですが、大きさといい、形といい、焼き石にうってつけ。焼き石とは、寒い時期に岩を登る時に手がかじかまないようにするのに、小さな石ころをバーナーで熱くしてチョークバッグに入れておく石のこと。我家も今回のツアーで初めて使ってみたんだけど、ホカロンより暖かくて、なかなか使い心地が良い。D-manに『これ、どう?』って聞いたら『うん、うん、なかなかよろしいでござる。』という返事。さっそく1袋(3ヶ入)購入。この備前玉を明日の焼き石に使ってみよう。
a0079878_8515341.jpg

by manabuyuko | 2006-01-08 23:52 | クライミング
晴れの国、岡山へ その1
 すっかり岡山贔屓になってしまった私たち、またもや岡山は備中の岩場に行ってきました。1月6日、1日だけ学校へ行ったD-man君、なんとまたまた4日分の宿題を頂いてきたのでありました。ありがたや~ありがたや~!?☆◎、生徒いじめとしか思えないこの宿題、内容はただノートを埋めるだけのようなもの、出せばええっちゅうもんでもないと思いますが。で、いつものように週末は必ず出かけるD-man一家、D-manはひたすら(でもないか、けっこうゆっくり、音楽でも聴きながら…)鉛筆を握りしめ、"よぼよぼ"は車の中に布団を積み込み、私はご飯の準備やらで慌しく金曜日の夕方を過ごし、大雪注意報なんぞが西日本一帯に出ているのに気にもせず、7時に駒ヶ根を出発。今回は道を間違えることも無く、1時半、用瀬小屋前の駐車場に到着。
 さて、たった3日しか空けずに片道550キロの備中にまたやってきた理由は、と言うと、それはD-manの『門前払い13b/c』のR.P.のほかにはありません。年末年始の最後の頃は精神的に下降線をたどっていて、これはいったん冷却期間を置いた方がいいな、と思っていたんですが、この3連休が終わってしまうと"よぼよぼ"も週休1日になってしまう為、この最後の3連休にどこに行こうかと言う話になった時、D-manがそんなに乗り気ではなさそうでしたがボソッと『備中でもいいよ…』と言ったのを親2人が聞き逃すはずは無く、即座に決定!たしかに片道550キロは近くはないし、高速代やら軽油代やらお金もかかりますが、一旦行ってしまうと地元の人は寒いといってますが私たちにとってはたいしたことのない寒さ、おまけにアプローチはほぼゼロ、ルートはわんさか。これからも金曜日の夜にD-manと私が2人で車で行って、"よぼよぼ"は土曜日の仕事の後、バス+新幹線で合流なんてことも真剣に考えたくらい。実際にいるんですよ~、そういう熱い人達が~。天晴れ!

 …というわけで初日の7日、『門前払い』再チャレンジの始まり~。前回、初めに考えた核心のムーブがだんだん出来なくなってしまった為に、そのムーブを変えることにする。皆がヒョイと左手で一発で取ってしまうところ、D-manには少しリーチ不足。しかし今回、1日目の1回目のトライでなんとかその部分のムーブを独自で解決し、終了点まで抜けていくことができたんです。この日の3回目のトライでは初めて下から続けて核心を越えることが出来たけど、やはり力がなくなってきたら辛くなる上部の第2の核心で落ちてしまった。翌8日は、またもや上部でフォール。クリップがきつくて、それだけで力がなくなってしまうようだった。…でA東さんに相談すると、『みんなそこで何回か落ちるんや。そやからそこのクリップはとばすんやぁ~、僕も登れた時はとばしたでぇ~』。D-man『クリップとばして落ちたことは?』と聞き返すと軽く、『あるよ。でも大丈夫。』とあっさりした答えが。もう1人、2期生さんも上部が同じ『棲龍門』というルートを登った時はとばしたそうな。しかしD-manの性格上、彼にはとばす事はできないでしょう…。
by manabuyuko | 2006-01-07 23:44 | クライミング
年末年始備中ツアー⑥
a0079878_10413962.jpg 1月3日、D-man体が痛いので登りたくないというが、あまり気にせずに長屋坂に行く。ここはポカポカで人も多い。いやいや来たはずのD-man、アップ2本の後いきなり『プリシラ13d/14a』をやると言い出す。え~!体痛いのんとちゃうのん?ほんま、ようわからんやっちゃ~!まあ止める理由も無いので、やって貰う。しかし、短い上にこのグレード、おまけに初登者は”大”様。2本目のボルトのすぐ左のホールド(のような凹みにしか私には見えない)をとるあたりから次に進めない。そこで止め。そうそう、止めときなさい。その後は”よぼよぼ”が昔クライマーの粘りで普通は右回りに行くところをゴーイング・マイ・ウェイで直上してO.S.した、島根のS井さん作の『Morisama12a/b』をトライ。1回目、やはり”よぼよぼ”と比べたらかなりの若僧!こらえ性がない!デッドポイントでとるホールドをそれが見えない位置から攻めていってしまいフォール!まあ落ちてみるとホールドが見えるというのは世の常で、2回目にはホイホイとR.P.しましたけど。もうちょっとよく考えなさいね。
 岡山もこの日が最後。ほか弁でお弁当を買って高梁P.A.で食べ、多賀S.A.でお風呂に入り1時半に我家着。また近いうちに必ず行きます。
                                    ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-01-03 23:40 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
4,5,6月のいろいろ
at 2017-06-03 22:42
結婚記念日
at 2017-05-27 12:44
GW、その後、いろいろ
at 2017-05-14 23:36
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
ボルダー⇒ルートはダメの巻
at 2017-02-27 11:24
「夢の重荷」
at 2017-02-06 19:07
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧