<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Pump 1
 翌日は雨の降る中、Pump 1 に行った。打って変わって大賑わい!リードエリアはもうゴチャゴチャ。都会のジムのすごいところは、フツーのおっちゃん(おじいちゃん)+おばちゃん(おばあちゃん)がはりきって登っているということ。ちょっと変わったこと(この場合、クライミング)でもどんどんトライするってとこ。都会の人は元気です。この日はフリーマーケットも催されていて、賞味期限が切れたばかりのパワーバーを1本50円で10本購入。S崎さん、おなか痛くなったら、胃腸薬送ってね!
 さてD-man、いつものとおり『疲れた』の連発だったけど、12bを2本R.P.し、12cを2本トライし、あとは11台を数本登り、近所の銭湯(ふくの湯…お勧めです。露天風呂?もあります。セブンイレブンの隣、380円)に入り、コンビニ弁当を食べて、首都高経由で3時間で帰宅。翌日車のフロントガラスに小さなひびが入っているのを発見! 高速で石が当たったとは思ってたんだけど。すぐになおしてもらったら、15000円也!あんな小さな傷なのに。おまけに燃料計は壊れちゃうし…あ~あ~、がんばってくれよ~キャラバン君と、D-man君!… タメイキ。
ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-02-26 23:19 | クライミング
お世話になりました、STEP
 D-manが生まれて10ヶ月の頃にSTEPができた。その当時の日本には、まだインドアジムはほとんどなくて、前の年のD-manが生後数ヶ月の頃には長野市の半・屋内(資材置き場の片隅)のアートウォールによく通っていた。1993年の春に、太刀岡の岩場で山梨のクライマーから『インドアジムが韮崎にできるよ』って聞いて開店と同時に足繁く通うことになる。同じ頃、やはり子供が生まれた、当時上田市に住んでいたT中さん夫妻ともお互い乳児連れで、大雪の中でも、週末といえば必ずといっていいほどこのSTEPで登っていたなぁ。ほかにインドアジムがなかったので、静岡のクライマーやら東京近辺のクライマーも大勢きていて結構賑わっていた。
 さてもう少しで開店から13年になろうというこのSTEPが、この2月26日で閉店ということを知り、(掲示板に書いてくださった"106"さん、ありがとうございました)最後の土曜日にぎへいじさん+D-man+ぼよぼよの3人で(よぼよぼはいつものごとくお仕事)登りに行ってきた。お天気がよく暖かかったせいもあって、この日登ってたのはこの3人だけ。途中、最後を見に来た人も3人。ちょっと寂しかったけど、翌日曜日は賑わっていたという。我家も久しぶりのSTEPだったので、とりあえずD-man、自分がつくったルートを3本登り、その後は新しい12aをぎへいじさんとトライ。1撃はできなかったけど、2回目でR.P.した。途中でぎへいじさんは先に帰り(ナイターでスノーボードをやる為)残された2人、ちょこっと登り、よぼよぼが来るのを待った。よぼよぼが来てから、百楽泉でお風呂に入り、定番メニューのチーズフォンデュを食べて韮崎を後にした。D-manもこのSTEPと共に成長してきたので、建物自体が取り壊されてなくなると聞いてちょっと寂しかった。
by manabuyuko | 2006-02-25 23:16 | クライミング
愛知県のち埼玉県、あ~しんど、その2
 翌朝はまたもやよぼよぼが車の中で水をこぼしてしまって、大幅に出発は遅れたんだけど、なんと首都高経由で談合坂から浦和までたったの1時間。首都高は混んでさえいなければ早いんですよねぇ~。
 で、埼玉は越谷のミストラルに10時過ぎに到着。D-man、体が痛いとか言いながらも、11a/bあたりから登りだす。"なんかこれ登ったことあるような気がする"とD-man。ノートをみたら前に来た時(去年の7月!)にもあったルートでした。その時には登れなかった12a/bと12bもついでにR.P.する。そのほかにはA間君の12aをO.S.。13aは、途中敗退。最後に埼玉の高校生クライマー・M井君の作った11dを登って終了。この日のD-manは食っちゃ寝~クライミングでした。おにぎり2個、いなり寿司2個、カップラーメン1杯、と、芋けんぴ少々。食べてる時と登ってる時以外は寝てました。ミストラルを出てからは夕食を食べて、スーパー銭湯に入り、またまた首都高経由で駒ヶ根へ。これまた早くて、3時間かかりませんでした。なんか、そのうち、捕まりそう。
                                     ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-02-19 23:24 | クライミング
愛知県のち埼玉県、あ~しんど、その1
a0079878_8234913.jpg 土曜日はよぼよぼが仕事だったので、アルティメイトの人達に愛知県は豊田のボルダーに連れて行ってもらいました。豊田は10年ぶりくらいかな?今はボルダーで有名だけど、私たちが以前行ってたころはスラブのルートがメインだったなぁ。小川山と比べて結晶の粒が荒くて、おまけにその結晶の角が鋭くて、指先をすぐにすり減らしてしまう岩だらけ。この日は花崗岩ボルダーに燃えている船長さんの案内で『大田城址』というところに連れて行ってもらったのですが…が船長さん、着いたとたんクライミングシューズを忘れたことに気づき、凹んでしまいました…(その後はぎへいじさんのシューズを借りて登ってましたけど。さすがに愛用の地下足袋は花崗岩には向いてないようでした。)
 さて、まずはじめにウォーミングアップということで『パーマン』というグレードCというものを登り…、あっもちろん、D-manです、登るのは。私は外岩ボルダーはやりません。怖いというのもありますが、家族から"うるさく騒ぐからやめてくれ!"という禁止令がでていますので…。そうそう豊田のボルダーのグレードのことを少し。ここのグレードはABC…で表されていて、Aが簡単(7~10級)、B(5~6級)、C(3~4級)、D(1~2級)…という感じだそうです。
 さてさて、みんなでちょこっと『パーマン』をやってから槍ヶ岳エリアの分裂岩へ移動。最後のマントルがいやらしい、『デルタ D』(キムさん、怨念の課題)やら、極小ホールドの続くスラブ『バック トゥー ザ フューチャーⅡ、Ⅲ』(天下峰の『北北西の風』を思い出しました。)などでそれぞれ指の皮を減らしていました。その後は俊トラエリアに移り、三角ランジ岩の『新撰組 D』で盛り上がり、最後は『俊トラ E』のトラバース部分をD-manは1回だけ触って終了、次に若いIDジュニアと本日の最年長クライマー(私は除く)のぎへいじ師匠は執拗にトライ。この執拗さがD-manには足らんな!
 そしてまたキムキム号(我家のキャラバンと比べたら静か過ぎてD-manが、エンジン止まってるの?と聞いてました。)に乗り駒ヶ根へ。うちに着いたらノートパソコンの不調でげんなりした顔つきのよぼよぼが"ごめん、晩御飯作れなかった…"とほざく、いえ、おっしゃる。"え~、ご飯炊いとくだけやのに~(前の日にD-manが作ったハヤシライスが残ってたので)"と心の中では思ったけど、心優しいぼよぼよは、"いいよ、お弁当買ってくるから…"とホカ弁に走りました。そしてお風呂に入りまたすぐに出発。さすがに豊田往復(運転はしなかったけど)の後の談合坂までのドライブはきつく、よぼよぼに運転を任せて爆睡。もちろんD-manは寝っぱなし状態。
by manabuyuko | 2006-02-18 23:21 | クライミング
城ヶ崎・虎の穴13a、その2
a0079878_8293373.jpg
 翌日の日曜日は、かなりプレッシャーを感じていたようで、『こんなに回数かけても仕方ない』とか『スプラッシュやってみたい』とか、ちょっと逃げ口上もでていたんですが、まあとりあえずは『虎の穴』へ。…で、結果は、この日の1回目でR.P.できました。ヒントをくれたKちゃんにも見てもらいたかったけど、この日は欠席。かわりにだんな様が見てくれたし、おまけにその後、『スプラッシュ』のビレイまでして貰ってました。『スプラッシュ』も皆と同じところまでは行けたんですが、その先は、なぞの世界のようでしたね、やっぱり。
 そうそう土曜日の天気はドッ晴れで暑いくらいで、半袖でフラフラしてても大丈夫だったのに、日曜日は曇っていて肌寒い感じでした。2日間とも大入りで、鳳来あたりでよく会う名古屋のO川さん、Y田さん達・熟年クライマーチーム(熟年とはいえ、皆、若々しい!)や習志野カップで会う千葉の2人とも久しぶりに話をしました。
 我家の熟年クライマー(よぼよぼ)も十何年かぶりに『アイロンヘッド12a』と『エアダンス12a』をやって、それぞれ1回目で登ってました。ハードルートではD-manには負けるけど、このくらいやったら粘りで勝つね、とのことでした。ハイハイ....     
                                 ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-02-12 23:27 | クライミング
城ヶ崎・虎の穴13a、その1
 去年のクリスマスの頃、出だしがどうしてもできずに諦めてしまった『虎の穴』、たしかその時トライしていたのはD-man以外、すべて大人の男性でした。その人達のムーブも参考にしながら(…といってもみんなヒョイと取れてしまうんですよね)いろんなムーブをやってみたものの、どうしても皆が右手でとるカチが取れず(届かず)、取れたとしても体が開きすぎて次のムーブに移ることが出来ませんでした。その部分はパスしてそこから上をつなげて終わりにしていました。それから昔のロクスノのK林ゆかちゃんのインタビューの記事の中で、『…虎の穴はもう少しリーチが長くなったら登れるから、今は(といっても彼女が中学生の時の話です)やめにして、シンデレラボーイを登った…』ということが書いてあったので、…やっぱりD-manももうちょっと大きくならないと無理なのかな、とも考えてやめにしてしまいました。その後は備中に行ったりしていて、城ヶ崎から少し離れていました。
 ふとある日、クライマー友達のKちゃんのHPを見ていたら、彼女も同じルートにトライ中とのこと。…で、小柄な女性でもできる出だしのムーブがあるということがわかり、俄然やる気がでた私、いえいえD-man、また城ヶ崎に行ってみることにしたわけです。それに城ヶ崎は暖かいしね。ちょっと駒ヶ根の寒さから脱出したい気持ちもあったし、帰り道の魚料理というおまけもつくし。
 さて1日目、ウォーミングアップを済ませた頃にKちゃんがやってきて、いきなり『虎の穴』にヌンチャクをかける、…で、出だしのムーブをいろいろ聞いてみたところ、皆が右手で取るところを左手で取って、その後に右手を同じホールドに寄せる、後は皆と同じムーブで行くらしい。左手をはじめに取るときは、左足を先にヒールフックするんだけど、それは以前やってみたことがあるからO.K.。さてさてD-man、そのムーブをやってみたけど、1回目のトライではできませんでした。けど、その日は同じ学年のN田君も来ていて、先週このルートを登ったというし、ここで諦めてしまうわけにもいかないよね。実際その後に女性クライマーがほぼ同じムーブでその部分を登っていくのを見たりして、2回目にD-manもできるようになりました。けど、そういう場合って今度は上部の核心あたりで何回かつまずくっていうのが難しいルートの定石。その通り、3回目のトライではまさにそれ!ちょっと、D-man、凹んでしまいました。この日4回目のトライではまた出だしができなくなってしまい、まあ1日の最後だったから力もなかったんでしょう、この日は終わりにしました。
by manabuyuko | 2006-02-11 23:26 | クライミング
PUMP 1
 翌日、日曜日は川口のPUMP 1号店へ。横浜の港北P.A.から首都高を抜けて1時間くらいで到着。首都高も混んでさえいなければあっという間に都心を抜けることができますねぇ。昨日ストマジのコンペに出ていた山口県の小学生チームも来ていて、登ってから新幹線で帰るらしい。山口県に比べたら長野県なんて近い、近い。ちょろいもんです。PUMPでは、D-manの幼きし日(D-man曰く、恥ずかしい日々だそうです)を知っているガメラ氏に久々に会ったんだけど、自分のま隣に座っているD-manに気づかず、"よぼよぼ"に『あれ?今日息子さんは?』なんて聞いていて、"よぼよぼ"が『隣にいるよ。』って指差したら、『え~、前はもっとかわいい子だったのに~。』なんて言われてました。そうそう、昔は皆、かわいかったんですよ。
 ま、そんな話のせいではないですが、ガメラ氏と同じ戦艦エリアの12cにいつもとは違ってしつこくトライ。4回目でR.P.。その後も11cやら12aをO.S.し、同じルートにトライしていた大人に…いやなクソガキだ…と思われていたこと間違いなし。けど奥壁エリアでは48歳の"よぼよぼ"がR.P.した12aで嵌ってましたが。
 早くここを出ても混むだけなので、結局6時過ぎまでいて、合計11本登って、終わり。あとはご飯を食べて、お風呂に入って、ETC深夜割引の効く12時過ぎに駒ヶ根インターを出ればあとは寝るだけzzzzz。
                                     ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-02-05 23:31 | クライミング
A5 North Face Cup
土曜日、相模原のストマジでボルダーのコンペ。予選8課題中、6本1撃して後の2本も2回目で落とせた…で全完登!!全完登した人は104人中6人。もちろんその後の準決勝は30人が出られるので予選は軽くクリア。私の心の中では、”お~これは決勝進出かぁ~、D-man,やるやん!”☆目になって期待度が最大になっていました。…で準決勝。いつもは課題の前に並ぶ時もテキトーに真ん中あたりにコソッと並んでいるのに、なんと今回は1番前に並んでいるではありませんか。”気合十分”って感じで私も期待して見てました。1本目、ちょっと遠めのところで落ちる。2本目、また落ちる。ちょっと首をひねる。3本目…う~ん、やはりリーチ+力で4課題すべてに苦しんでいる様子。4課題中、2本でK点を取れたものの完登は1本も出来ず。最後の方ではもう諦めモードになってしまっていてどんどん到達高度が落ちてしまってました。結局1本も登れずに準決勝終了。もちろん決勝へは進出できず16位でした。しかし決勝進出者の中には最後の最後まで粘って登った1本で出れた人も含まれていて、D-man、心の中で……『あっ、もうちょっと最後まで真剣にガンバレバヨカッタ…』…と思ったみたいな感じでした。そう、しつこさ、最後まで諦めないこと、必要ですね~。INGA CUPといい、今回といい、1手差で決勝に出れたか、出られなかったの大きな差がついたんですもんね。まあ、それが今回わかってくれたみたいだからよかったのかな。それと不得意科目であるボルダーで、予選とはいえども全完登は彼にとっては快挙だったと思います。自信と反省点、この2つを得た貴重な大会でした。…けど、本人はこのことをわかってるかなぁ…
 さてさてコンペも終わり、淵野辺駅までバス+電車で来た"よぼよぼ"を迎えに行き、私のお楽しみ、"CARREFOUR"で買い物。おなかをすかせた野獣2人に『まだ買うの?早くしてよ!』とせかされながらもしつこくお買い物。"CARREFOUR"の食品・雑貨売り場で1日くらい暇をつぶせる自信あるなぁ。閉店間近で300円引きのローストチキンを3つとも買占め、1つは今日の夕飯、あと2つは家に持って帰ることにしました。
by manabuyuko | 2006-02-04 23:30 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
ボルダー⇒ルートはダメの巻
at 2017-02-27 11:24
「夢の重荷」
at 2017-02-06 19:07
白く輝く山
at 2017-01-18 22:02
晴れた朝の楽しみ
at 2017-01-18 11:16
もはや私には
at 2017-01-11 13:48
2017年1月1日
at 2017-01-02 11:54
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧