<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
リベンジ
明けて日曜日、リベンジをしにまたまたPump2へ。D-man、マスター決勝をやってみるが、昨日みんながレストしてた大きな黄色のホールドの上あたりで落ちる。あれ~、おかしいなぁ~と2回目はなんとかクリアしたけど、家に帰ってコンペの時のビデオを見てみたら、黄色の大きなホールドの隣に足のホールドがあるやんかぁ~。だからか…ちなみによぼよぼもそこで落ちてました。けど、昨日自分が登ったエキスパートのルートではその時よりも下でフォール。やっぱり本番の時の方が力が出るんでしょうね。その後は"Pump2ジョーレンズ"の皆さんと一緒に、この日流行りの12a,12b,12dをそれぞれ2撃して終了。親2人も結構登って、いつもは2日後に来る筋肉痛が、登り終わった直後にビシビシと来てしまった。無理しちゃいかん、年寄りは…。
                                ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-05-28 23:30 | クライミング
Five Ten Cup
 土曜日は日本最大のお祭りイベント、Five Ten Cupに参加。今年はエキスパートにエントリーしたものの、リードとボルダーの合計点で決勝進出者が決められるので、まあここは"経験"と割り切って、とにかくリードでがんばるということを目標に参加した。初めの案内で種目はリード・オンサイトのルートとボルダーになってたけど、蓋を開けてみると、ルートはフラッシュで、リードとトップロープの2本、それにボルダー、それからそれからランジとスピードのおまけ付き。(決勝進出者はルートとボルダーだけの合計点で決まる)D-manはもちろん予選落ちだったけど、決勝に残ったM嶋君なんかはランジやらスピードの決勝にも出てたから、この1日だけですごくたくさん登ってるんでしょう。予選が終わった段階でD-manもくたくたになってたけど、日本のトップクラスの人達ってやっぱり体力あるんでしょうね~。さすがです。
 このコンペの一番の見所だったのは、何と言ってもランジ決勝でしょう。地上10メートルくらいのところまでタワーで登っていき、そこでランジ!(もちろんトップロープ)失敗すると、ビヨ~ンと空中遊泳。M嶋君の横っ飛びとM垣君とMr.のなんであんなとこまで飛べるのかっていうランジがすごすぎて、空いた口がふさがらなかった。肩、はずれないのかなぁ?
 コンペが終わってから、この日はちょっと奮発して近くの読売ランドの『丘の湯』に行き、石川S.A.で熟睡。
                               ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-05-27 23:30 | クライミング
パンプ2
 日曜日はPump2へ。
 お天気はいいのに開店と同時にすごい人。千葉のK馬君達も来ていた。さすがにうまくって、13クラスをボンボン落としていた。D-manもトライしたけど、各駅停車。やっぱ、格が違いますね~。大阪からはNewさんも登場。遠いところ、ゴクローサマです。…って、うちもよく言われるんだけど…。どこ行くのも遠いから、どこへでも行けるって論理なんです。
 この日D-manは12本登ってパワー切れ。昨日の疲れもあった?のかな?まあいいか。私ももちろん力なし、11bで落ちる始末。よぼよぼも最初はよかったけど後半はダメ。しつこく女子準決勝ルートをやってたけど完登ならず。ちなみにこのルートは"お買い損の3本指"に入るといううわさ。ホールドも悪いし、バランスも悪いみたい。
 …でそろそろ帰ろうか、ってことになって、帰路に着く。6時半に八王子を通過できたので、100キロ先の韮崎で一旦出て、この時8時前だったのでカードを替えてまた入りなおし、100キロ先の駒ヶ根まで。全ルート通してほぼ半額で帰ることができた。イエィ!
                              
a0079878_1335207.jpg
ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-05-21 23:30 | クライミング
ピラニア
 土曜日は久しぶりにピラニアへ行った。朝から夕方まで次々と知り合いの人達が来て、D-man休む暇なし。特に午後は、1歳上のMないWたる先生にランジのツボを伝授してもらっていたが、あまり先生の言うことには耳を貸さず、ひたすら飛んでいたけど、体は止まらず。すみません、先生、親の言うことも聞きませんが、先生の言うことも聞きませんね。ペコリ。けどやっぱり、同じ年頃の子達と登るのはいい刺激になるみたい。私もがんばって黄色テープは全部制覇。しかし青色になるととたんに登れなくなり、登れたのは2課題のみ。あ~あ
 夕方、石和温泉の駅によぼよぼが来るので迎えに行って、ご飯を食べて温泉に入り、談合坂S.A.で就寝。
by manabuyuko | 2006-05-20 23:30 | クライミング
ほしだカップ
a0079878_13395456.jpg 朝起きたらほんとに晴れてた。D-manにせかされてあたふたと準備をし、会場に向かう。初めにミドルとビギナーの予選があり、続いてマスターの予選。D-man、ちょっと硬い登りで最後の壁でホールドを取り損ねそうになったけど、もち直して完登。ちょっと、ドキッとしたな、ほんと。この予選では、壁が比較的長いので、6分の持ち時間だとかなりリズムよく登らないとタイムオーバーになってしまう。実際タイムオーバーになった選手や、それと壁のパターンと同じような色のホールドが見間違えやすくって、それに知らぬ間に足がのっかってしまって失格になってしまった選手がいた。結局、完登者5人にタイムオーバーにはなってしまったけど、あと10秒くらいあったら完登してたでしょうというS田さんを加え、決勝へは6名が進んだ。いつもお世話になってるY内さんももうちょっとのところで決勝進出ならず。かなりスムーズな登りだったんですが。残念。
 決勝はビギナーから始まり、ミドル、マスターという順番。ミドルではボルダーのINGAカップでも上位にいた高校生のI田君が優勝。女子はNewさんが粘りのクライミングで優勝し2位はN井さんだったが、N井さんが登ってる時、なんか変な格好で行ったりきたりしたはるな~と思ってたら、実はクリップしたヌンチャクからでたロープが、ものの見事にすぐ近くのドアノブ状のホールドに、クルリンと引っかかっていたそうだ。う~ん、かわいそう、不運としか言えない!
 さてマスター決勝。1番スタートのS田さんがゆっくりしたきれいな登りでかなり上の方まで行く。左手をクロスに持ってきたときに保持しきれなくてフォール。続くN口さん、M旗さん、Y口さんはその少し下の左手アンダーから右手をポケットにひょいととばすところでフォール(D-man blogにある写真のところ)。さて、D-man、ところどころ遠めのホールドの部分は足をパターンに置いて、なんとか自分のムーブで解決し、前の3人が落ちた地点へ。けど、割とスムーズにひょいと右手ポケットが取れて、一安心。そしてS田さんが落ちた左手クロスもうまく体を切り返して突破。さて後は完登めざせ~と思ったけど、長い付き合いの私たち、D-manの登りがやけに早くなってきたのがわかった。こりゃ、まずい…予想通り、完登あと3手を残しフォール。惜しかったなぁ~けど、この時点で2位確定。やったなぁ、D-man、この大会は決勝進出を目標にしてたから上出来、上出来、お祝いや~、とすでににこにこで終わっていた我家。最後に出てきたN原君には勝てるわけないし、これはN原君完登で、セッター冥利に尽きる試合運びか、と思って見てたら『えっ?どうしたの?チュウゲン君!』さすがに左手アンダーから右手ポケットは捉えたけどその3手先、クロスムーブに入っていく手前で落ちてしまった。びっくり仰天!我家3人とも、特に本人が一番信じられへんって顔(彼は関西弁は使いませんが)してた。けど皆から『オメデトー』と言われて、ちょっと"ニヤリ"ともしてた。
 もし予選でS村さんやA木さんが失格にならなくて決勝に出ていたら、もしN原君が昨日Pumpであんなに登っていなかったら、どうなってたか、なんて考えてしまうけど、まあこれが一発勝負のコンペの意外性の面白さ、悲しさなんでしょうか?
 私個人としては、まわりが全員関西弁で、放送係の女性のくだけた(もちろんいい意味で)アナウンス、なんか古巣に戻ってきた~と実感できて、妙にほっとするほしだカップ、来年も来たいなぁ~ 

  コンペの後は交野の牛角で祝杯…ではなく祝焼肉。そこで3人で話したこと…もしよぼよぼがマスターに出てたら、どこまでいけたか?…本人談→『そりゃ、年代的にも同じY内さんとM旗さんと同じくらいまで行けたやろ。(もちろんよぼよぼも関西弁はしゃべれません)』D-man+私→『え~無理、無理!』よぼよぼ→『ショック!…けど、まあええか、3年前の親の仇を息子がとってくれたし(…というのは3年前にCRUXであった労山コンペで、最後の最後でY口さんに負かされてしまった…というか、パワー切れのよぼよぼ、出だしでポテンと落ちてしまった、という苦い思い出あり。)』
 とまあ焼肉をいっぱい食べて、多賀S.A.でお風呂に入り、10時に帰宅。3人それぞれD-man→杏仁豆腐、よぼよぼ→フルーツ入りヨーグルト、私→ワンカップで乾杯して、ビデオを見てから寝た。いい夢見たかな、D-man?

 それはそうと後日(16日)、近くのホームセンターに行ったら、どこかで見た事のある3人組が。なんと、東の国際ルートセッター・I山さん+O澤しんた君+H科ヒロタロウ君でした。I山さんに『こんにちは』と声をかけたら、『え~、なんでこんなところに?』と言われてしまい、『I山さんこそなんで?』と聞いたらわが市のクライミングウォールのルートセッターに来てるとのこと。雨で寒いのにご苦労様です…テキトォにやっといて下さい…冬は寒くて登れないし、夏は虫(ブヨ)だらけで…どうせ作るんだったら屋内にしてくれたらヨカッタンダケドナ…     
                             ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-05-14 23:37 | クライミング
大阪Pump
 ず~と前から土日は雨!なんていう天気予報だったけど、とりあえず土曜日は大阪Pumpに出動。若いもんはコンペ前日だからといって休んだりしなくていい。けどD-manはとりあえず文句を言う。『え~、行くの~?ゆっくりしたい~ごろにゃん』けどこれはいつものこと。気にしない、気にしない。前日軽く登っておいた方が調子がいいってこと、私たちは知ってるし。ってわけで雨の土曜日は大阪Pumpで軽く登る。どちらかといえばあまり登りに行けない親2人が必死で登るって言う感じ。そのとおり、D-manが軽く登った12a~bをよぼよぼが死に物狂いで登って、私は彼のウォーミングアップのルートで嵌るという現実。けど、情熱ではまだ負けてへんで~!…でD-manはさっさと着替えておしまい。N原君を見よ!ここで12台を13本登って13bのプロジェクトも登って3時間かけて電車で岡山に戻り、翌朝は5時半にまた岡山から大阪に来るんだぞ~!ちょっとは見習いたまえ!…とはいうものの私たちも夕方には疲れてしまって、早めに切り上げた。東大阪のカルフールでローストチキンを買って食べ、(ほんと、好きなんです)ジョイフル銭湯という変な名前のお風呂に入って星田園地に向かう。途中で天気予報を聞いたらなんと、明日の朝には雨は上がっていい天気になる様子。あ~良かった~。
by manabuyuko | 2006-05-13 23:35 | クライミング
連休
a0079878_13423657.jpg 5月3,4,5日は、よぼよぼが仕事のためD-manと私はアルティメイト軍団の人達と一緒に小川山でキャンプ。連休中のキャンプサイトは超混むことがわかっていたので、前日に船長さんが場所取り?兼、自然の中での"1人飲み会"に行ってくれた。3日の朝予想通りキャンプサイトはいっぱい。けど船長さんのおかげで朝到着の私たちも、平らなところにテントを張ることができた…といっても我家は車中泊、車さえ平らなところに置ければOKなんですがそれがけっこう難しい…が今回はばっちり!午前中はビール片手にタープ張ったり、薪集めたり、これから3日間の宴会場作りをし、午後からちょこっと水晶スラブの下のボルダーに行った。これといった成果はなかったけど、夕方テントに帰ってきてから、ちょっと登り足りなかった様子の職人さんが1人でクジラ岩に行き、"エイハブ船長"をGETしてきた。わがチームの応援団は誰も一緒に行かなかったので、声援がなかったからちょっと寂しかったかも。静かでよかった?…わけないか、連休中のクジラ岩周辺はまるで屋外映画館のよう。みんながエイハブ船長や穴社長のほうを向いて座ってる。反対側はガラガラ。
 夜の宴会メニューは"鹿肉カレー"(鹿肉は船長さんが自分でしとめた物)と"パエージャ"と日本酒・ワイン・ビール。12時くらいまで焚き火の周りでいろんな話をして盛り上がった。D-manは東京方面から来ていたジュニアクライマー達と夜遊びに行った後、ID・Jrのテントに外泊(?)私は1人で車で寝た。夜はすごく寒くて霜が降りて、朝起きたらフロントガラスがガチガチに凍っていた。
 朝食は職人さんが皆にホットサンドを作ってくれた。ほかほかのホットサンドを皆で食べてから、この日から参加の3人を加え、マラ岩方面へルートを登りに行った。レギュラーやイレギュラーの上部のスラブのランナウトって久しぶりに登るとちょっと怖いよね。傾斜はあまりないけど、行きなれてる鳳来と違って、ホールドが良く見えなくてクリップするのも割と小さめのホールドを使うから、初めて小川山でリードする人にとってはグレードは辛く感じるかもね。D-manも5.9のドスラブでちょっとびびってた。ID・Jrは若いけど古いクライマーなので昔から小川山にはよく来てたから、『ここのノーモアレインと、鳳来の卒業とどっちが難しいか』って話になった時、ID・Jrは『卒業』D-manは『ノーモアレイン』と言っていた。まあ全く違うタイプのルートだから、個人の好みもあるでしょう。
 2日目の夜の宴会はスパゲッティ・a la Syokuninn-san、水菜サラダ、残り物入りいり卵、ID・Jr特製の茹でソーセージ(茹でただけだが、1番人気! 普段お湯も電子レンジで沸かすという彼にとっては、すっご~い料理だったに違いないでしょう)、それから登る柔道家さんがここまで運び上げた(といっても車から数10メートルですが)大量のおつまみ、もちろんお酒類いろいろ…と盛りだくさん。またまたいろんな話で盛り上がった夜だったなぁ…☆*+-?!
 あくる朝はごはんの後、大片付け大会。7歳の未来の職人さんA穂君も冷たい水で食器洗い当番。最後の日が一番大変だったろうけど、文句も言わず水場とテントの間を何回も食器を運んでくれた。お~、誰かさんと大違いだ~。誰?
 この日は早く帰る人もいたので近場のクジラ岩に行った。みんなちょっとお疲れ気味なのかモチベーションなし。D-manも田嶋ハングをやってたけど、完登ならず。A穂君が初めて一つの課題を登りきって拍手喝さい!
 私たちもそろそろ疲れてきたので、もう1泊するID・Jrを残して早めに帰った。3日間、特に成果はなかったけど、楽しいキャンプだったなぁ…お酒もおいしかったし…(船長さんご推薦の"佐久の花・純米酒"、いけます)
 翌・土曜日は家で片付け物をしたり、洗濯をしたり、のんびりすごし、日曜日はやる気満々の職人さん父子+船長さんと一緒に雨の中スクエアに行った。開店と同時にジムに入り、6時頃まで6人が登ったり、ビレイしたり。A穂君も立て続けに3本登ったりで、なんだかみんな殺気だってたような感じで登りまくってた。D-manも12代を中心に10本くらい登ったし、よぼよぼも息子に負けてはならぬという感じで意地(!)で登ってた。さすがに帰り道の車中では全員ぐったり。行きは大騒ぎだったんだけど。きっと、若者2人以外月曜日はつらいぞ~。
                                  ぼよぼよ
by manabuyuko | 2006-05-07 23:40 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
ボルダー⇒ルートはダメの巻
at 2017-02-27 11:24
「夢の重荷」
at 2017-02-06 19:07
白く輝く山
at 2017-01-18 22:02
晴れた朝の楽しみ
at 2017-01-18 11:16
もはや私には
at 2017-01-11 13:48
2017年1月1日
at 2017-01-02 11:54
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧