<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ユース選手権@幕総
a0079878_19584047.jpg

決勝ルートのD-man

 
 高校の中にこんな立派な壁があるのかとまずはびっくり。D-man、久々のリードコンペでかなり緊張してたけど、結果はユースB優勝。おぉ・・これで南米はエクアドル(今年の世界ユース開催国)に行ける~、と思ったら、今年は日本山岳協会からの派遣はしないそう。行きたきゃ全額自己負担で言ってくださいとのこと。去年のオーストリアももちろん個人負担はありましたが、今年はな・な・なんと37万円也~!いちおうエクアドルは外務省のページによると”注意”しなければならない国なんだけど、ま、日本山岳協会が派遣して何かあったら大変だということらしいです。それと、今年は世界選手権がスペインであるのでそっちの方にお金がかかるので、ユースのほうにまで手がまわらない、早い話、『お金がない』ってことみたいですね。でもけっこうユースの選手、世界ユース派遣に向けて気合入ってたんですよ~。今回のコンペの案内にも『本大会の成績は国際ユース大会日本代表の選考資料となります。』と書いてあるし、このコンペと去年のJOCの成績で派遣してもらえると思ってた選手も多かったと思うなぁ。で、蓋を開けてみれば、JOCの準決勝進出者(大体各カテゴリー10名前後)とこのコンペで各カテゴリー10位以内の人は誰でもお金さえ出せば世界ユースやアジアユースに行けるのですよ(各カテゴリー5名という枠はありますが。)門戸を広げるという意味ではこれはこれでいいとは思いますが、なんだ、こんなもんなの?って感じもしました。もちろんアジアユース(シンガポール)も全額自己負担。これが7,8月にあって、その間にJOCの富山・・・
 話は変わって今回のコンペ、男子に関してはA,B2つのルートで予選。A,Bをどうやって分けたかは書いてはいない。たぶん、過去のコンペの成績順で分けたんだろうけど、案内に『基本的には、全員が同じルートを登り・・・』って書いてあったから、同じルートを2本作るのか、すごい!なんて思ってたけど、なぁんだ、違うジャン!全然違う!あっ、そうか、『基本的』にですな、”考えておきます”イコール”考えるわけないでしょー”ということですね。で、これでA45人から4人、B45人から4人の決勝進出者を出すの?正直言ってこのグループのメンバーで予選通過できるんかいな!と思いました。(出場者はジャパンカップより多い!のに予選・決勝の2ラウンド) で、決勝進出者以外の総合順位はABごっちゃまぜ。あ、総合成績はいらないか。(JOCもジャパンカップもこの方法だけど、予選、準決勝、決勝と3試合ある。準決勝、決勝は1本のルートを登る。予選落ちした人はABごっちゃ混ぜの順位)、A10位とB10位って同じ実力?これってほんとに公平?でもでもでも、これってIFSC(旧・UIAA)で決まってるルールなんだよね~・・・しゃあないね。
 2年前のJOCで、D-manはユースBで2位だったんだけど、その時に2位タイがもう1人いた。彼もD-manも決勝は同高度、準決勝は完登。で、準々決勝はそれぞれ違うルートを登った。彼は完登していて1位通過。けどもう一方のルートを登ったD-manは途中で落ちて、1位通過ではなかった。でも、この時は準々決勝が違う2ルートだったので、どっちが上位か比較できないと言うことで、2人とも2位タイだったんだけど。・・・とすると、やっぱり公平ではない?ってことかなぁ?いくらルールで決まっているとはいえ・・・

 まあ1日でこれだけの人数をさばくのはたいへんでしょう。もう1日増やして1人がAB2ルート登るっていうような方式にしたほうが、いいんじゃないかなぁ・・・若い人たちにはたくさん登らせてあげた方が何かといいと思うし。ちょっと、1日で”済ましてしまおう”的コンペに感じちゃうんだけどなぁ。・・・・・ぶつ ぶつ ぶつ・・・・おばちゃんのつぶやき・・・・

 あっ、あと一つ、男子予選でのできごと。ルートの上部、たぶん核心部分だろうと思うけど、テープのついていないホールドに足をのせてしまって注意され、えっ、?えっ ?という感じで落ちてしまった選手が何人かいた。このフットホールド、本来のテープがついたホールドのすぐ上にあり、おまけに大きい。上から足元を見下ろすと、横に貼られたテープがちらりと見えてしまい、おもわずのせてしまう・・・と言う感じだった。あまりにも間違えやすいのは、外しておいた方がいいと思った。おまけに核心部分・・・。注意されておもわず落ちてしまった選手はちょっとかわいそうだった。
 でもこんな壁のある高校があるなんて、うらやましいなぁ。N野県にも作ってよ、ダム造るより安いよ!
a0079878_10115060.jpg

  予選ルート・いつも明るいたっくん一家のパパが撮ってくれた、あじ
      のある白黒写真。左に写ってるのは教室です。

by manabuyuko | 2007-03-28 16:59 | クライミング
春休み
 昨日、終業式。今日、卒業式。では明日から春休み?…違います。春休みは23日から。21日の祝日を挟んで、20日と22日は登校日。で、何をやるかと言えばクラスマッチ…で、通知表は22日に配られる。終業式って、いったい何なんだろう?もう1日、3月30日(登校日)もおまけでついてきま~す。
 
by manabuyuko | 2007-03-16 11:34 | 日常&雑
トレーニング
a0079878_14233249.jpg 日曜日のパンプ2は雨のせいか混んでた。もちろん順番待ちあり・・・混んでる時、次の人はさっさと準備して、前の人が終わったら、すぐに登りだしましょうね。後ろにまだその次に待ってる人がいるのですから、おしゃべりしながらロープ結んで、それからオブザベして、ついでに飲み物飲んでから、なんてあんまりですよ。
 写真は、まだ梅も咲いていない(日曜日は雪が積もりました)我家の駐車場のすみに咲いてた福寿草です。
by manabuyuko | 2007-03-13 14:37 | クライミング
1年ぶり、ミストラル
 6時半に家を出て9時半着。行きはスイスイだったけど、帰りはやはり首都圏。環八も混んでるし、おまけに高井戸からは下り線にのれないので、調布まで下道を走らなければならない。家に帰ったのは10時。
 久しぶりのミストラル、朝は空いてたけど午後からは常連さん達が集まってきた。けど、ほとんどの人がボルダー。
 A間君もトレーニングに来てた。いや~、おみそれしました、あの登りっぷり!ほんと、ゾンビ(ごめん)ですね。D-manも負けじと登ってたけど、最後の最後まで13クラスをたて続けに登ってしまうA間・次期大先生には全く歯が立ちませんでした。(あたりまえですけど)
 ま、D-man君、君はまだ若い!これからもがんばってくれ!
by manabuyuko | 2007-03-05 09:29 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
パッキン!
at 2017-12-10 23:09
挑戦
at 2017-11-11 15:13
年に一度のイベント終了@ro..
at 2017-11-06 11:44
2週続けての台風。避難民現る。
at 2017-10-28 21:59
日帰り奈良。VANILLA~..
at 2017-10-19 12:06
誕生日パーティ
at 2017-10-14 22:44
梅干しを干す
at 2017-09-09 21:18
梅干し
at 2017-08-23 20:03
主夫レパートリーが増え、主婦..
at 2017-08-01 20:56
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧