<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
世界選手権ビデオ追加
 デスニベルのHP、ビデオ・コーナーにも、女子リード競技の決勝&スーパーファイナルと男女のボルダー決勝のビデオがアップされました。パチのHPのビデオとは違うアングルで楽しめます。(ビデオ親父と化した管理人2号)
by manabuyuko | 2007-09-27 19:34 | クライミング
世界選手権ビデオ
 スペイン・アビレスの世界選手権リード競技、男子は今絶好調のラモネッ、女子はスーパーファイナルを制したアンゲラ・アイターが優勝。真夜中のライブ中継を見ることのできなかったおじさんおばさん(自分を含めて)のためにインターネット上にアップされているビデオ、リンクしておきます。
 先ずはスペインの山岳雑誌デスニベルのインターネット版上のもの。男子のファイナルだけですが。このビデオ最初の部分で、16才で決勝進出のÉric López(エリック・ロペス)が観戦者に対し左手を使って『応援の声が聞こえんぞ!もっと大きな声出せ!』 ってな感じでアピールしてますが、いや~もう脱帽。このエリック、D-manより一才上だけ。去年のワールドユース・オーストリア大会では同じカテゴリー、今年のエクアドル大会ではユースA(D-manはまだユースB)。でも来年はまたユースAでD-manはエリックと机を並べます。『D-man、アピールの練習もしとけよ!』 まっちなみに今年のエクアドル大会、ユースAのエリック、いまひとつ冴えない登りでしたが、若者に特に強く出る”波”ってやつでしょうか。
 次は二位になったパチのHP上のビデオ。男子の決勝、女子の決勝+スーパーファイナル、ボルダーなどのビデオがアップされてます。ビデオのタイトルはバスク語になってますが、写真と”FINALA(ファイナル)”という単語でどれがどれだか判断できるでしょう。それぞれのビデオ中にはファイナリストへのインタービューも挟んでありますが、男子リード決勝のビデオで、パチはバスク語、ラモネッはカタラン語、スペイン・カスティージャ地方出身のエリックはカスティージャ語(いわゆるスペイン語)で話してます。スペイン人であるはずの、この三人三様の異なる言葉がスペインの複雑さと同時に活力を生み出しているはず。すぐ”雪崩れ”を起こす、”皆が同じでないとダメ”な国では決して見られない、感じられることのないことでしょう。ちなみに女子リード決勝のビデオでアンゲラとスーパーファイナルを争ったベテランのミュリエル・サルカニー(ベルギー)はフランス語、スペイン人女子で5位にくい込んだIrati Anda Villanueva (イラティ・アンダ・ビジャヌエバ)はもちろん出身地のバスク語。女子ボルダーの覇者アンナ(オーストリア)はドイツ語風の英語。さて日本人選手、もしインタービュー受けたら何語で話す。できるだけマシかもしれないけど、なんでもかんでも英語っていうのはやめとこうぜ。(英語の通じないとこが大好きな管理人2号)
by manabuyuko | 2007-09-26 10:58 | クライミング
世界選手権ライブ中継
インターネットライブ中継が次のような日程で行われるようです。
各種目、決勝だけの中継。公式HP

スピード決勝:9月21日金曜日現地時間16時(日本金曜日23時)から
リード決勝:9月22日土曜日現地時間18時(日本日曜日01時)から
ホルダー決勝:9月23日日曜日現地時間16時(日本日曜日23時)から

連休の夜な夜な家でインターネットに齧りつくクライマーは少ないか。

ラモネッのクライミング(たぶん予選2本目)だけは今もビデオで見られます。公式HP右端のビデオ・コーナー、”Ramón Julián en acción”にあります。(管理人2号)
by manabuyuko | 2007-09-21 08:37 | クライミング
渋沢温泉・ウッディもっく
 今日は久しぶりに木曽側の温泉へ。伊那谷から木曽谷へ抜け、またそこから野麦峠の方に向かう。温泉の名前は渋沢温泉。源泉は30℃もないので、冷たいが、ヌルッとしていて気持ちがいい。そこで一風呂浴びて、お昼ご飯はこの地の名物、とうじそば。とうじとは、投汁 と書くようで、冷たいざるそばを熱い汁(キジ、きのこ、油揚げ、ねぎなどが入っている)につけて食べる。
a0079878_2017275.jpg

 なかなか、おいしいが、すぐにお腹いっぱいになる。

a0079878_20205733.jpg

 ごちそうさまでした。食べた後はゴロンと畳に寝転んで・・・
by manabuyuko | 2007-09-20 20:25 | 温泉
世界選手権
 スペイン、アストゥリアス地方アビレス市でついに世界選手権が始まったようです。今日9月19日、日本の夕方には予選第2ラウンドが始まる予定。残念ながら現時点ではインターネットライブ中継は行われていません。準決勝ぐらいからは見られるかな?さしあたり開会式の模様だけはTop30のHPでビデオを見ることができます。各国選手団(代表のみ)入場のエスコートはアストゥリアス地方の民族衣装に身をつつんだ男女。また入場行進などでバクパイプの曲が流れてます。そして圧巻はビデオの最後の部分でIFSCの看板を背に壁をのぼるパチ(1)。じゃなくて、そのバックに流れる歌。全くクライミングにあわないテンポの曲だけど、やはりアストゥリアス地方の民謡。スペインはギターにフラメンコ衣装、フラメンコ・ダンスだけではありません。そんなステレオタイプ化されたイメージはあの国のほんの一部でしかないでしょう。ついでにバグパイプもスコットランドだけのものではありません。北はスカンジナビア半島から南のイベリア半島、そしてフランスはもちろんイタリア半島、バルカン半島、アフリカの北部からトルコ、中東にまでいたる広い地域で見られる楽器なのです。どんどん取ろう、目のうえのウロコ。(管理人2号)

注(1):もちろんこのパチ、今のトップ・クライマーのひとりパチ・ウソビアガではなくて、91年の代々木のワールド・カップにも来たことのあるパチ・アロセナ。岩雪150号「中根穂高のかかってきなさい」連載⑪の中にも名前が出てる。Top30のメンバーでもあるし、今回のセッター陣を率いている。
by manabuyuko | 2007-09-19 10:52 | クライミング
秋の色
 昨日あたりからまたちょっと気温が上昇気味みたいだけど、もう9月も中旬。気がつくとあっちこっちが秋の色になって来てます。東京遠征チーム、車の中で寝られるかな~。都会はまだ暑そう。(管理人2号)
a0079878_17493983.jpg

by manabuyuko | 2007-09-15 17:57 | 日常&雑
マチューくんのビデオに始まり、学校教育に対する疑問に終わる?
 先日話題にしたマチュー・ブユー一家からビデオのアップを伝えるメール着信。もちろん登るはマチュー。自宅近くの岩場 la Balme de Yenne で全長60mに及ぶ La voie lactée(8c)を登る姿です。マチューくん、ミレー本家がスポンサーについているのでミレーのHPにも開拓から初登に至までの記事がビデオ付きで掲載されてました。
 シャモニーの南西150Kmぐらいのところにあるシャンベリー(Cambéry)市近くの街に住むブユー一家、まあ本場アルプスを指呼の間に望む場所ゆえにまさに環境には恵まれているのでしょう。でも我家も『ふたつのアルプスが見える街』に住んでるんだけど、かならずしも”環境は...”ない。先日の日曜日、前日にはハードスケジュールに頭痛でぶっ倒れてましたが、D-man、なんとか運動会終了。でも秋はイベント目白押し。次はなんだ?学力低下対策に授業時間数を増やす前に、余分な行事とそれに費やす時間をなくせ!!まっ、当人たちは退屈な授業がなくていいやと思っているかもしれませんが。それに、もちろん学び舎としての”学校”にもそれなりの価値はあるでしょう。でも、なにかと多忙の”学校”に押しつぶされては、なんか本末転倒でしょう。マチューくんのビデオを見てて、フッとそんなことを感じました。世界が違う。もちろん、二年前の夏にスペインのロデジャールで会った時、マチューくんのお母さんは「中学生にも学校から帰って来たら、家では最低二時間勉強させる」って言ってました。”学校”と”教育”はひょっとしたら別個のものなのでしょう。おっと話がそれてた。(管理人2号)
by manabuyuko | 2007-09-11 10:21 | クライミング
エクアドルの果物
a0079878_138619.jpg

 イバーラ市内のスーパーで見かけた果物類。スーパーで売っているものは、だいたい南ヨーロッパとかわらない感じがするが、やはり違うのが、果物。トロピカル、トロピカル。
 左端、木トマト(tomate de arbol)は、タマリロともいい、ジュースにする。そのまま食べてみたが、酸っぱい。たしかにトマトに似た感じ。
 真ん中は、トゥーナ、サボテンの実。これはスペインでもよく見かける。
 右端は、ナランヒージャ。一見、柿のように見えるけど、柿だと思って期待して食べると大はずれ、…だと思う。
a0079878_13254437.jpg

 左はスイカ。楕円形で大きい。ホテルの朝食には毎日スイカ、パパイヤ、パイナップルの薄切りがでていた。パンにつけるジャムも、イチゴやアンズではなく、グアバだったな、そういえば。
 真ん中は、badeaと書いてある、日本語では”オオミノトケイソウ”。パッションフルーツの仲間のようだけど、あんまりおいしくはないらしい。
 右はババコという果物で、マウンテンパパイヤともいうんだって。
a0079878_13393656.jpg

 バナナもそのまま食べるもの(黄色)と料理用(緑色)とがある。料理用のバナナは、油で揚げたり、焼いたりする。たぶんそのまま食べてもまったくおいしくないでしょう、というか、まずいでしょう。売り方も1本ずつばらして売ってます。黄色のバナナが2種類あるけど、右の方は、マケーニョという種類で、ちょっと高い。味は違うのかな?
a0079878_13495145.jpg
 
 これは、granadilla、パッションフルーツ。甘い…だけ?トロピカルフルーツはあまり好きでない私のこういった果物の印象は、おおざっぱに言って、甘いだけ!種がやたらにある!日本のアケビみたい!って感じかな?トロピカル系でおいしいのはやはり、バナナ、パイナップル、パパイヤってとこか。
a0079878_1358011.jpg

 これはオタバロという村の近くの滝のある集落で見かけた、サトウキビを売っている子供たち。
この竹のようなのを、皮をむいて、チュウチュウ吸うらしい。たぶん甘いのでしょう。こちらでは、子供の店番っていうのは当たり前。エクアドルの首都キトの観光地では、9歳と7歳の兄・妹がチューイングガムを売っていた。偶然、監督の子供たちと同じ年。監督、チューイングガム1つ、購入。
by manabuyuko | 2007-09-08 14:14 | World Youth '07
ONLY YOU ! Dの悲劇 3部作 in Ecuador
 Dの悲劇…その1。8月20日エクアドルへ出発の日。成田空港で、監督、選手4名、おまけ1名が集合。D・『監督、僕の新しいユニフォーム、預かってきてますよね~?』、監督・『えっ、預かってなんかないよ。』Dの顔色、さっと変わるが、もち直して、『またぁ~、ご冗談を…』。冗談ではありませんでした。ほんとに監督は預かってきてはいなかったのです。他のメンバーは、と、言うと…。S.A君はもうすでに今年の国際大会に出場しているので、以前に貰っている。で、T.H君とM.H君は、8月のJOCジュニアオリンピックの時に貰ったそうだ。
 7月にインドネシアであったアジアユースカップの時にはユニフォームは空港で渡されて、その時は全員のサイズが揃わないということで、古いバージョンのを貰った。でも世界ユースの時には、新しいデザインのものを貰えるということになっていたそうで、JOCの時に、とあるお偉方に『僕のユニフォームはいつ貰えるのですか?』と聞いたそうだ。そしたら、『監督が空港で渡すんじゃないかなぁ…』と言われてそれを鵜呑みにしたDだった。しかし、その同じ場所、同じ時に、すでに他の2人には、とあるお偉方ではないユニフォームの担当の方から手渡されていたのであった。この担当の方に直接聞かなかったDにも落ち度はあるのかもしれないが、これって、あんまりだよね~。自分はてっきり、空港で手渡されると思っていたものが、『ない』。他の2人には渡されている。その時の顔をまじまじと見た私もDの落胆ぶりと怒りがはっきりとわかった。
 たしかにユニフォームの古い、新しいなんて気にするな、というのもわかるし、服で登るわけじゃない、というのもそうなんだけど、”自分だけ忘れられていた”感は、これからコンペという勝負の場に出かけていく人間にとっては、あまり気分の良いものではない、と思うのですが。

 Dの悲劇…その2。もちろん、その1のせいではありませんが、日本チーム4名出場で、D以外の3名がメダル獲得。5位入賞とはいえ、くやしかっただろうな。

 Dの悲劇…その3。帰国後、私が撮影したビデオを見たら、予選、準決勝はうまく取れているのに決勝の、それもDのところだけ、しましま模様になってしまっている。その前に撮った映像がしましまの奇数行、偶数行にDの登る姿が。見れないわけではないけど、見にくい。

 以上3つが『ONLY YOU ! Dの悲劇 3部作 in Ecuador』。続いて、『Dの悲劇 in Japan』 というのもあります。

 その1。これは前にも書いたかな。こっちの学校はDが日本を発ったその日(8月20日)から始まっていたのだが、始まってすぐに実力テスト(一応、Dは、中学3年生)があった。もちろんDはいないのでテストは帰ってきてから受けることになっていた。が、Ecuadorから帰って来ての登校初日にそのテスト!昼夜まったく逆の時差で、眠いのか疲れてるのか、お腹空いてるのか、いっぱいなのか、よくわからない自分の体+頭(ほぼ10日間は何も勉強していない)で登校、そしてテスト。さて、結果は?

 その2。テストが終わったら、秋の定番、運動会の練習。2時間炎天下に立ちっぱなし、放課後は新聞委員会の”お仕事”、暗くなって帰ってきたら、ご飯を食べて、宿題である作文の清書…。汗をかきかき清書をしてたら、電話がかかってきた。地元新聞社の取材でDの写真を明るい時間に撮りたい、とのこと。無理無理、帰ってくるのは夕方で暗いし、おまけに運動会前で、何時に帰ってくるかわからない。じゃ、登校前の朝…なんて言われてたけど、朝はできる限り寝ていたい中学生、かなり押されていたけど、押しの強さでは定評のある(!?)D,押し切って、夜にジムの中で撮ってもらうことに。けど、その電話でのやり取りが長くて、わー、作文、作文の清書…原稿用紙半分できたと思ったら、原稿用紙が上下さかさま!
by manabuyuko | 2007-09-07 08:58 | World Youth '07
世界選手権の壁
 スペイン北部アストゥリアス地方Avilés(アビレス)市で9月17日から開催される、2年に一度の世界選手権。が出来上がって来たようです。このアビレス市にはスペインのホールド&ウォール・メーカー”Top 30”の本社もあり、2003年には今回と同じ会場でワールド・カップも開催されてます。
 何と言う明るさ、カラフルさ、そして清潔感。わくわくして来ますな~。いわゆる「体育館の便所脇に来い」の体育館ではないですな。『日本のワールド・カップ会場にはリード壁が4面あるぞ、スペインは3.5面だ。』なんて言いだすおじさんたちもいそうですが。どう見ても違うよな~。別にスペインがバブル期にあるわけでもないんだけど...。(管理人2号)

 世界選手権の公式HPはココ
by manabuyuko | 2007-09-06 16:51 | クライミング


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
4,5,6月のいろいろ
at 2017-06-03 22:42
結婚記念日
at 2017-05-27 12:44
GW、その後、いろいろ
at 2017-05-14 23:36
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
30年住んだ地
at 2017-03-21 23:46
引っ越し
at 2017-03-18 22:53
あっちこっち
at 2017-03-11 19:16
ボルダー⇒ルートはダメの巻
at 2017-02-27 11:24
「夢の重荷」
at 2017-02-06 19:07
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧