<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
夕焼けと宵の明星
a0079878_1911257.jpg 午後3時になると突然暗くなる谷に普段住んでいる人間にとって夕焼けは大変印象的な光景です。
 夕焼けが終わりを告げる頃、フッと気がつくとビル群の真上に三日月。そして左上には宵の明星。(管理人2号)
a0079878_19113982.jpg

by manabuyuko | 2008-12-30 19:24 | 日常&雑
アダムのビデオ
 11月下旬、オーストリアのSchleier WasserfallにあるOPEN AIRを12年ぶりに第2登するアダムのビデオが見られます。
 9月中旬に、同じエリアにあるWEISSE ROSEを登って9a+はあるんじゃないとコメントしていたようですが、今回の成功後は「WEISSE ROSEは9a、OPEN AIRは9a+(5.15a)」とインタビューの中で言ってます。
 「彼、何才?」『15才』「身長は?」『178cm』「ふ~ん」(管理人2号)
by manabuyuko | 2008-12-26 22:43 | クライミング
ちょっと歴史探訪
a0079878_21191811.jpg
  写真は、1853年7月14日(嘉永6月9日)黒船を率いた米国東インド艦隊指令長官マシュー・ペリーが上陸した久里浜に建つ記念碑。一般的にペリー来航は当時奉行所と港のあった浦賀とされているが、実際にペリーが最初の一歩を印したのは、浦賀の入り江の横にあるこの浜。
 その浦賀沖にペリー艦隊が姿を現したのは7月8日。黒船到来のニュースは一日で江戸に伝わったらしく、幕末の思想家+精神的指導者+教育者の吉田松陰も10日夜には江戸から浦賀に徒歩(あたりまえか)で駆け付け、翌日には佐久間象山らと共に黒船見物(観察?)をしたそうです。当時の知識人が一応にそのような反応をしたわけでもないですが、いつの時代も「自分の目で見る」ことは大切なのでしょう。この吉田松陰、翌年ペリーが再訪した際には、今ふうに言うと自費留学(だたし当時は鎖国の掟を破る大罪)を夢見てパスポートなしでの乗船(密航)を試みてます。そこまでしても学ぼうとする意欲があったのでしょう。でも残念ながら失敗し牢送りとなっていますが。
 さて写真の記念碑の碑文は建立当時米友協会会員でもあった初代内閣総理大臣伊藤博文の筆になるそうです。で、その伊藤博文は吉田松陰が教鞭をとっていたこともある松下村塾の門下生。松下村塾は「しょうかそんじゅく」であって「まつしたむらじゅく」ではありません。そのように読んでいた歴史の勉強が足りないジュニアもいましたが。いずれにしても現在の山口県萩市にあった松下村塾の門下生には明治維新の志士とか、その後の明治新政府に関係した人物が複数います。
 昨秋アジアユース選手権2008が行われた山口県セミナーパークは山口県ひとづくり財団の拠点施設。その財団のHPに”『21世紀の松下村塾』をめざして”とありました。歴史は生かさなくちゃ。
 昨日はD-manを羽田まで送って行き、その足で三浦半島先端まで。ちょっと歴史探訪をして、さて海路浦賀水道を横断して対岸の房総半島に行こうとしたら強風でフェリー欠航。陸路で振り出しに戻りました。東京湾一周は次回の課題。(管理人2号)
a0079878_21202616.jpg

by manabuyuko | 2008-12-26 21:23 | 日常&雑
Golpe de estado (9b?)
 Chris Sharmaの、スペインはカタルーニャ、シウラナの新ルートの名前は"Golpe de Estado"。もちろんスペイン語(発音はほぼローマ字読みで「ゴルペ・デ・エスタード」)ですが、フランス語で”coup d'état”。ようするに日本語にもなっている「クーデター」。その意味は『既存の政治体制を構成する一部の勢力が、権力の全面的掌握または権力の拡大のために、非合法的に武力を行使すること。国家権力が一つの階級から他の階級に移行する革命とは区別される』
 ラモネッのルート"Estado crítico"(8c+/9a)のダイレクト・スタートのようです。例によってクリス自身はグレードを明言していないようですが「最近登った9a+のルートよりははるかに難しい」とはコメントしているようです。と言うことは9b?。まっ世界最難のルートの一本であることは間違いないのでしょう。『既存の政治体制を構成する一部の勢力』でもない一般のクライマーはビデオでも見て感心しましょう。(管理人2号)


by manabuyuko | 2008-12-19 09:47 | クライミング
小さな怪物
 コンペシーズンが終わったと思ったら外岩で登りまくっているラモネッの珍しい(?)ボルダーシーンが見られます。
 彼のブログにあるように12月9日にはSanta Linyaで1日のうちに2本の9aをレッドポイント。先ず1本目は”La novena enmienda”。10か所ほどのホールドが濡れていたようですが、そんなことお構いなしに2撃。2本目は"La fabelita R2" というルート。1年前に一度トライしたことがあったようですが、今回2回目でやはり完登。ちなみに前日には同じSanta Linyaでプロジェクトだった"Directa open your mind" をRPして、9a+とグレーディングしています。ちっちゃな怪物ですな。(管理人2号)
by manabuyuko | 2008-12-11 20:00 | クライミング
No hay hombre pequeño sino bloqueo largo
 ラモネッブログ発見。12月4日開設のようです。スペイン人というよりもカタルーニャ人の彼、彼自身の書き込みはスペイン語、でもコメントはカタルーニャ語が多し。この一国内での多言語使用状況、日本ではちょっと想像できない?。
 タイトルにさせてもらったラモネッの言葉(開設初日の締めの言葉)、ちょっと意訳させてもらって『背が低いんなら、脇をしめて手を伸ばせ!』ってなとこかな。(管理人2号)

 追記:Googleのブログ、アクセス先までトレースするようだけど、私は Utsunomiya 在住?
by manabuyuko | 2008-12-09 21:40 | クライミング
Coupe de France de difficulté
 先週末、モンブランの麓シャモニーであったフランス・カップ(リード競技)のビデオ。
 今年度(9月から)のフランス・カップ・リード競技第2戦目、来年のワールド・ユースの会場にも予定されているバランスで10月にあった第1戦の時と同様に、日本のジャパン・カップとJOCジュニア・オリンピックを同時にやるような感じだったようです。ユースB、ユースA、ジュニアからオープンまで、すべてのカテゴリーの選手が一堂に会しての大会ということです。これからも何戦かあるようですし、また毎回必ずしも”大人”と”子供”の大会を一緒にやるわけでもないようですが、ジャパン・カップとジュニア・オリンピック、それぞれ1回だけ開催するのがやっとという国とは底力が違うといったところでしょう。まあ仕方がないですが。
 ちなみに今回のシャモニー大会、”大人”の、日本でいうオープンのカテゴリー男子優勝者は、先日のヨーロッパ選手権で3位になったManuel ROMAIN。そして2位は17才のKevin AGLAE。3位は18才のGauthier SUPPER。どこの国も若者が飛んでますね。ちなみに第1回目のバランス大会の時にはベテランなどというカテゴリーが設けられ、なんと優勝者は、あのJean Baptiste TRIBOUT(ユース世代でこの人知ってる人さて何人?)。日本でも”子供””青年””成人””中高年”全部集めての大会やったら面白そ。(管理人2号)
by manabuyuko | 2008-12-03 21:24 | クライミング
おやつ
a0079878_17381414.jpg
 
 さつまいもが1本台所にあったのと生クリームの残りがあったので、おやつにスイートポテトを作った。サツマイモはそのままオーブンにほうりこむこと50分。焼けたら皮を取り、バターと砂糖、生クリームを加え、つぶして、お弁当などに使う紙の容器に入れ、フォークで線をつけ、とき卵をスプーンで塗りつけ、グラニュー糖をパラパラとふり、もう一度オーブンに入れて焼き色をつけたら出来上がり。よしよし、これで5日間位は高校生のお腹をだませるな。
 ついでに干柿1号は食べられるようになりました。個人的には、カチカチになり粉の吹いた干柿よりも、そのちょっと手前の干からびかけの少々柔らかい状態の干柿の方が食べやすくておいしいな。
by manabuyuko | 2008-12-02 17:53 | 日常&雑


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
日帰り奈良。VANILLA~..
at 2017-10-19 12:06
誕生日パーティ
at 2017-10-14 22:44
梅干しを干す
at 2017-09-09 21:18
梅干し
at 2017-08-23 20:03
主夫レパートリーが増え、主婦..
at 2017-08-01 20:56
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
4,5,6月のいろいろ
at 2017-06-03 22:42
結婚記念日
at 2017-05-27 12:44
GW、その後、いろいろ
at 2017-05-14 23:36
暖かくなると雨・・
at 2017-04-08 12:06
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧