<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ノルウェーからの小包
a0079878_20224920.jpg

 お気に入りのシューズが廃番になる・・・あなたならどうしますか?在庫を買いあさる。あきらめて違うシューズに履きかえる。前者の場合、よっぽど在庫がある場合は別ですが、いずれなくなってしまいますよね。後者の場合もいろいろ履いてはみたけれど、やっぱりお気に入りのがいっちゃんええわ~!って場合もありますね。
 さてさて、我が家にもそういうわがままなお方が約1名。その方のお気に入りは、ITALIAはSCARPA社のVISION だったわけで・・・
 日本国内でのクライミングシューズのシェアは圧倒的にSportiva(正しい発音は、poの上にアクセントがあるのではなく、tiというところにアクセントがあるのです。ティーとのばします。)、Fivetenに軍配があがってるような感じで、あの美人クライマーのマヤ・ビドマーも履いてるScarpaのシューズは割と少数派。けど、作りはしっかりしてるし、なかなか良いとは思うのですが(ビジョンの場合、足に染料がうつるのが玉にきず。)、手に入れにくいのがちょっと…。ヨーロッパの岩場なんかに行くとそれこそいろんなメーカーのシューズを見かけるのですが。シャルロット・デゥリフはEBシューズだし・・・ま、彼女の場合はどんなシューズでも登れるか!私も今はどんなシューズでも登れますよ!けど、シャルロットとは正反対の意味で!どんな(マイナーな)(EBさん、すみません)シューズでも登れる、と、どんな(いい)シューズを履いても登れない…
 ではでは本題に。
 で、何年間かこのビジョンを大阪のクラックスから送ってもらってたわけですが(ここなら必ずわがままな方のサイズがあった!!お世話になりました!Kおりさん)、廃番になると聞いて、じゃ、仕方ないから違うシューズに変えるか、ということになり、いろいろ試してはみたのですが、どうもしっくりとこない。そうこうしているうちに国内の在庫はどんどんなくなっていき、クラックスに問い合わせた時点で、あと1足。とりあえず即購入。その後、輸入元のロストアローに聞いても品切れ。もしや山の店の片隅に1足くらいは残ってるかも、と、かすかな期待を抱いて北海道から沖縄まで電話しまくり~ネット上でももちろん調べましたが…。残念。どこにもない。
 で実は、そのちょっと前にネットでアメリカのSierra Trading Postという会社に2足残っているのを確認してはいたのですが、忙しさにかまけて2~3日放っておいた後にイザ注文という段階で、既に売り切れていました。その時はかなり落胆しましたが。
 そこであきらめる気にもなれず、また調べる調べる…まずはSCARPAのイタリア本社にメール。印象を良くしようと(?)必死でイタリア語で。返ってきた答えは、”もう作ってまへんねん”(もちろんイタリア語で)もはやこれまでか、と思いましたが、その次に見つけ出せたのはノルウェーのOslo Sportslagerという会社。HPはすべてノルウェー語。AとEがくっついた字やAの上に○があったり、あ~もうお手上げか…と思ったのですが、いやはやまったく便利な世の中です。翻訳ソフトにて英語に翻訳。無事2足発注、2週間後には手に入れることができました。まさか真冬の雪の積もった国(私の勝手なイメージ)ノルウェーからイタリア製のシューズを買うとは思いませんでしたけど。インターネットがなかった時代、メールなんてもちろん本来の”郵便”という意味だった時代、これをすべて郵便でやっていたら、何ヶ月かかっていたでしょうね!そう言えば10年くらい前は、フランスやスペインのアパートを短期で借りるときに郵便でやり取りしていた時もありましたっけ!いや~、懐かしい~ !返事が来てもその字の解読に1週間くらいかかってたなぁ~。
 その後、またまた調査に入った”よぼよぼ”(=管理人2号=実質ここの支配人)によると、とあるロシアの店にも在庫があるらしいんだけど、さすがにロシア語はみた途端、瞼が閉じてしまいました。
 ぼよぼよ(=なぜか、管理人1号=家の中で一番偉そうにしてるから?=畑担当)              
by manabuyuko | 2010-01-25 20:30 | クライミング
バウムクーヘン
a0079878_8525695.jpg
 
 船橋の習志野というところにバウムクーヘンの工場があって、そこで毎週金曜日の早朝、通称”切り落とし”と呼ばれる要するにバウムクーヘンのへたの詰め合わせが販売されます。
 こっちに引っ越してきたばかりのころ、地元情報を捜していて偶然見つけたのですが、レジ袋にぎゅうぎゅう詰めの直径15センチ、厚さ3~5センチのバウムクーヘン、いろいろな味取り混ぜて、約15個(体重計で測ったら4キロありました)、なんと1000円也。もちろん型崩れあり、チョイ焦げあり、のアウトレット商品ですが、食べるのには全く問題なし。へたじゃないフツーの形のもちょこっと入ってます。
 我が家も初めて買ったときはもてあましてしまったのですが、なぜか、たま~にこのボリューム力に引き寄せられて、今日も早起きして行ってきました(今回で3回目)。
 並ぶのが大嫌いな我が家の中でも比較的忍耐力のある”わたくし”(その他約2名、大は8分、小は3分が並ぶことのできる限度というイラチー家族なので。)、それでも初めて行ったときに1時間くらい並んだのには閉口しましたが、今日は寒かったせいか(車のフロントガラスが霜でガチガチに凍ってました)、7時前に工場に着いても10人くらいしか並んでなくて、10分くらいで”切り落とし”GET!!
 しかし、久しぶりに見るとやはりすごいわ。仕事場の皆さま、おすそ分けいたしますので。
by manabuyuko | 2010-01-15 09:20 | 日常&雑
~人である前に、クライマー(登る人)

 上の写真、当人がアルゼンチンのBariloche(バリローチェ)に行った際に湖畔のキャンプ・サイトででも撮影した、今から火にかけられんとするニジマスを撮影したものなのでしょう。何故か日本人的な感性をこの絵(写真)に感じてしまうのですが。
 「あたりまえでしょ、撮影した人が日本人なんだから」なんで言わないで下さい。それは半分はもちろんそうかもしれませんが、偶然行きついたHPの作者、有馬直喜という人物、どうやら日系ブラジル人のクライマーのようです。むしろNaoki Arima なのでしょう。ポルトガル語で書かれた彼のHPを見ていると、例えば日本語を話すということ、日本人であるということは何?等々、いろいろ考えさせられます。
 HP上ではブラジル各地の岩場も写真、ルート図入りで紹介されています。う~ん、ブラジルにアルゼンチン、行ってみたいところがまた増えてしまった。いや、世界は広い。
by manabuyuko | 2010-01-12 21:55 | クライミング
幕張新都心のビル
あっちの家から見える朝の風景。年末に撮った写真ですが。ぜ~んぜ~ん寒くなさそう。新都心の手前にかなりネイティブな部分があるのが、また面白し。ところで”家”ってなんでしょうね。こっちも家、あっちも家。
a0079878_2225192.jpg

by manabuyuko | 2010-01-08 22:25 | 日常&雑
中央アルプス
a0079878_17394671.jpg

 家から見える中央アルプスの今の様子です。どんどん雪が増えてきました。あ~、寒そう!この地に在住のおやじ君は、上下5枚くらいの重ね着の上、シュラフに入って仕事をしているそうな。
 だれか、ピンポンダッシュをしてみてくれ~!蓑虫姿のおやじが現れるぞ~。私がこっそり行ってやろうかな。
by manabuyuko | 2010-01-08 17:44 | 日常&雑
元旦
 その土地土地でいろいろな風習があるものですが、ここいらでは年末に森林組合の人が各家庭に配る一枚の紙に描かれた門松。『緑を大切に』とあります。さてこの門松、配られるだけではなく実際に多くの家がその門に張って使っているのに、妙に感心させられます。左は我が家の門ではなくて、アパートのドアに張られた門松。近くの通称”庄屋”街道に残る由緒ありそうな門にもちゃんと張られています(右写真)。

a0079878_1739619.jpga0079878_17411975.jpg


 元旦の食事メニューに頭を悩ましながら買い物に出たついでに立ち寄った神社には、長~い行列。てっきり甘酒をもらうために皆並んでいるかと思ったら、単にお参りをする人たちの行列。う~ん、困った時は神頼み?初詣のお参りと信仰、宗教とかはなんか違う気がするけどな。もちろん私たちは並びませんでした。
a0079878_1803887.jpg

by manabuyuko | 2010-01-01 18:04 | 日常&雑


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
パッキン!
at 2017-12-10 23:09
挑戦
at 2017-11-11 15:13
年に一度のイベント終了@ro..
at 2017-11-06 11:44
2週続けての台風。避難民現る。
at 2017-10-28 21:59
日帰り奈良。VANILLA~..
at 2017-10-19 12:06
誕生日パーティ
at 2017-10-14 22:44
梅干しを干す
at 2017-09-09 21:18
梅干し
at 2017-08-23 20:03
主夫レパートリーが増え、主婦..
at 2017-08-01 20:56
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧