<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Kurt Albert
 クライミングの最高のパフォーマンスがオン・サイト(初めてのルートを一回目のトライで完登すること)とすると、次点はレッド・ポイント(何回かかってもいいから、とにかく完登すること)。
 このレッド・ポイント(赤点)という言葉が使われ出したのは、ある一人のドイツ人クライマーがトポにある自分が登れたルートを赤い丸でマークし出したことによると言われている。その人の名はKurt Albert(クルト・アルベルト)。
 かの故ヴォルフガング・ギュリッヒのパートナーとしても活躍した彼が、先週末ビア・フェラータ(岩山に設置されたワイヤーや鉄梯子を登るスポーツ)の最中に18m墜落。生死の間を彷徨っていましたが、ついに亡くなったようです。享年56才。
 基本的に絶えず安全確保のためのワイヤーに自己確保しながら登って行くビア・フェラータ(ヨーロッパではルートの難易度にもよるが子供も楽しむ山岳スポーツ)での歴戦のクライマーの事故。正確な使い方ではないですが、いわゆる”魔がさした”ということなのでしょうか。
 今はタイトルは思い出せないですが、あのベン・ムーンとかジェリー・モファットが登場するフランケンユーラあ、思い出した!フォンテーヌブロウだった!へのボルダリング・ツアーのビデオの中にも偶然登場し、ギターを弾きながら歌っていた彼の姿が妙に瞼に焼き付いています。またかなり前になりますが、スペインのロデジャールの岩場で実際に見かけた時には、気さくなおじさんという印象を受けたものです。
管理人2号

by manabuyuko | 2010-09-29 18:59 | クライミング
European Championships 2010
 9月15日から18日にオーストリア(リード競技はイムスト市、ボルダー競技はインスブルック市)で行われたクライミング・ヨーロッパ選手権のビデオ。





 ビデオは編集で印象を創り出せるものですが、会場の盛り上がりや感動、決して絵だけではないでしょう。
 ヨーロッパの観客、立って見てます。そのあたりにも彼らの強さあり?個人レベルででも、もう少し大きいレベルででも、小さくても、やはり強く、大きくならないとだめですね。
管理人2号

by manabuyuko | 2010-09-29 09:11 | クライミング
でかいことはいいことだ!
a0079878_2011152.jpg
 日本にもやはり一ヶ所でいいから、このくらいの施設は欲しいですね。
 秋本番を前に雨後の茸ではなく、雨後の筍のように、どちらかと言えばコンベニエントなボルダー・ジムは相変わらずあちらこちらに出来ているようですが、やっぱり「大きさ」も必要でしょうね。「いろんな壁を登れなくっちゃ」という言葉も、ほとんど苦し紛れに聞こえます。
 さて、そんな大きな壁で行われたワールド・カップ(リード競技)ベルギー・プールス大会、男女共に一番小柄な(ラモネッは絶対、キム・ジャインはそのうちのひとり?)選手が決勝ルートで最高到達地点をマークして優勝。この2人も立派ながら、背が低くても登れるルートを設定したセッターにも、もちろん拍手。
 ヨーロッパの大会、決勝は時差の関係で日本では夜半過ぎになってしまい、なかなかライブ中継を見ることができませんが、世界は広し。奇特なマニアは必ずいるようです。下はラモネッとジャインの決勝での登り。これだけだと他の人がどこで落ちたのかわかりませんが。
管理人2号



*実際は、決勝ルートでは2位のヤコブ・シューベルトとラモネッの到達高度は同じですが、準決勝で完登しているラモネッがカウント・バックで優勝。ラモネッの準決勝での完登シーンはライブ中継で見ましたが、圧倒的な強さを感じさせられました。


by manabuyuko | 2010-09-26 20:15 | クライミング
Ramon Julián: “Debería haber una talla media de pasos”
 タイトルは、前回は2004年だったから6年ぶりに先日のオーストリア・イムストでのヨーロッパ選手権リード競技で優勝したラモネッの言葉、『ホールド間隔に平均身長を考慮すべき』。
 同じインタビューの中で『ほとんどのクライマーが背が高いからといって、背の低いクライマーのことを考えずに、彼らが飛びつき続けなければならないルートを設定するのは、全くの横暴。遠かったら飛びつけばいいなんて言う人もいるけど、飛んだところで物理的に不可能な時もある』とも言っています。
 今回のヨーロッパ選手権リード競技決勝ルートを見上げた時、彼は”Se me cayó el mundo encima”(⇒世界が自分の上に落ちて来た⇒)『どうしようもない、お手上げ』と思ったそうです。それほど半端でないほどホールドとホールドが遠く、中継できるようなお助けホールドも一切ないようなルートに見えたようです。
 しかし『決して諦めることなく』登り続けた彼、粘りのクライミングで最終ホールド・タッチでの優勝。その不屈の闘志に脱帽です。もちろん背が低い(足が短い)ので、上のホールドに手が届きさえすれば、下の手が押えるホールドまで足が上げやすいという見方もできますが、届かないかもしれないなどは考える必要もないアダムに比べたらハンディが大きいのは言うまでもないこと。
 さて土曜日の夜にオーストリアから帰って来たラモネッ、翌日日曜日は早速、外岩へ。マルガレッフの岩場で、一日で3本のプロジェクトの初登に成功( 8c/+、8c+、8b+)。ついでに『ボロボロになった指皮で』8bのルートをRPして家路についたそうです。
 優勝してもその勝利に酔いしれることもなく(また自分が望んでいた結果を残すことができなくても反省なんかせずに)、登り続ける彼。やっぱ、そこにクライマーとしての原点があるのでしょうね。
判官贔屓

 追記:”百聞は一見に如かず”を実行したい方は、ココへ。一放映分あたり、£1ユーロ英ポンドで Streaming Replayを、1.5ユーロ英ポンドで Replay Download が出来ます。下は表彰台に登る前の、アダム(2位)、ラモネッ、ヤコブ(3位)。
a0079878_22413113.jpg

by manabuyuko | 2010-09-21 22:44 | クライミング
大きければ良しでもないですが...


 日本人にも馴染みが深いオーストリア・イムストのクライミング・ジムに新しく造られた外壁。いや~迫力が違います。うん、屋外!?使えるシーズン限られそうだけど...、まっ、でかいからいいや。
 さてリードとスピードの競技はこの新設の壁を使って行われるクライミング・ヨーロッパ選手権。もちろんライブ中継(無料)もバッチリ。ただしプログラムには注意。
 でもオーストリア、もう寒そう。それに空には黒い雲も。リード競技の準決勝と決勝がある明後日の天気は、さていかに。
管理人2号


by manabuyuko | 2010-09-15 22:36 | クライミング
百聞は一見に如かず、その2 韓国編
 韓国のポータルサイト「Daum」運営の動画共有サイトに、Chuncheonで行われたWCリード競技のビデオ複数あり。ただしかなり重くて事実上見られないビデオもあります。
 男子決勝で1位のパチッと、2位の長身アダムと背の低いラモネッ(もう一人の2位AMMA君のビデオは数日間試みたけど全然先に進まないほど重くて、まだ未視聴)の勝敗を分けたのは左足の位置の違いだったように見受けられます。中国から韓国への連戦アジア・ツアーの時、実は絶不調だったパチッ。『一手一手のみに集中し全力を尽くすことにかけた』ようですが、その開き直りが幸いしていたのかもしれません。クライミング、特にコンペではメンタルが肉体のコントロールに果たす役割は、偶然の流れも含めて、大きい?まあ勝負事一般にメンタルはキーとなるのでしょう。もちろん最初に力がないとお話にならないですが。
管理人2号


by manabuyuko | 2010-09-10 20:59 | クライミング
2010青海高原世界杯攀岩赛(男子决赛)
 『百聞は一見に如かず』の国、中国での大会、やはり百聞は一見に如かずに限ります。8月下旬に中国であったWCリード競技のビデオです。
 HP上ビデオ画面右の”播放列表”の1番から28番までは自分で取ったビデオで、決勝の模様はテレビ放映された映像をキャプチャーしたもののようです。『这是男子决赛实况录像』は多分そんな意味でしょう。世界のいろいろなところにマニアはいる?
 でも欧米系の人には、このHPなかなか探せないのでは。漢字知ってて良かった。
管理人2号


by manabuyuko | 2010-09-07 22:16 | クライミング
どうしようもあるところを、どうにかする??
 韓国のChuncheonで行われたWCで、ラモネッ、予選は2本とも完登。準決勝では次の選手に5手の差をつけて最高到達点をマーク。しかし、よりシビアになる決勝ルートでリーチ不足が不利になるのは洋の東西を問いません。決勝ルートではまたまたいきなり遠いホールドが続き、きわどい思いをしたようです。それでもなんとかルートの核心まで到達し、核心を抜けるホールドに飛びつき。しかし取るべきところが取れず、墜落。でもこの核心、ラモネッとは30cmぐらいリーチが長そうなアダムも落ちているので、必ずしもリーチ不足が不利になったわけでもないでしょうが。
 今年こそはまだ一度も手にしたことのないWC年間優勝を目指すラモネッ、リーチ不足はどうしようもないからこそ、取り溢しのないようにトレーニングに励むのでしょう。
管理人2号

by manabuyuko | 2010-09-03 19:23 | クライミング


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
パッキン!
at 2017-12-10 23:09
挑戦
at 2017-11-11 15:13
年に一度のイベント終了@ro..
at 2017-11-06 11:44
2週続けての台風。避難民現る。
at 2017-10-28 21:59
日帰り奈良。VANILLA~..
at 2017-10-19 12:06
誕生日パーティ
at 2017-10-14 22:44
梅干しを干す
at 2017-09-09 21:18
梅干し
at 2017-08-23 20:03
主夫レパートリーが増え、主婦..
at 2017-08-01 20:56
人はなぜ壁を登るか
at 2017-06-15 13:49
検索
カテゴリ
クライミング
World Youth '11
World Youth '09
ASIA Youth '08
World Youth '08
World Youth '07
World Youth '06
日常&雑
温泉
いろいろページ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
画像一覧